So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

デルフィニウム 春の寄せ植え2017


春爛漫!

3週間の間に季節はどんどんと進み、気がついたら、春はどど真ん中になっていた

ついこの前まで「早く春が来ないかなー」って言っていたはずなのにな
先週初めは、それこそ初夏のような暖かさだった

今日はちょっと花曇りだけどね
雨が降らないだけ、風が強く吹かないだけ、いいよね


思い出してみると、私が初めて「寄せ植え」をしたのが、昨年のこの時期だった

きっかけは、デルフィニウム


デルフィニウム
(デルフィニウム ミントブルー)


昨年父が描いた「新築祝いの絵」の中に入っていて、初めて名前を知った記憶に残る花
とても好きな花だった

なのに、過密な寄せ植えの空間の中で株が弱って、、、
救出して 植え替えたのだけれど、、、

夏越えできず、枯れてしまった


滅亡寸前のデルフィニウム (2016)
(消滅寸前のデルフィニウム / 昨年6月上旬)


植え替え後、こんな風にひとつだけ花が咲いて「よし、生き返ったぞ! やったー!」って思ったんだけどね

結局これが、有終の美になってしまった・・・



なので、今年もう1回リベンジしたいとずっと思っていたんだ
そうしたら先日ホームセンターの園芸コーナーで見つけて、迷わず即購入


組み合わせるのは、挿し芽から育てた ナデシコブルーデージーキンギョソウ

それと庭のあちこちで雑草のように咲いている小さめのノースポールを移植して

そして出来上がったのが、これ


デルフィニウムの寄せ植え A面
(デルフィニウムの寄せ植え A面)


昨年の教訓を生かして、過密・過湿にならないよう気をつけねば
それに今回の寄せ植えは、デルフィニウムが主役

そこで、背面ではなく鉢の真ん中に植えて、足元に小さめの花を植え込んだ

小さ過ぎて分かりにくいから、拡大!


挿し芽から育ったブルーデージー
(挿し芽から育ったブルーデージー)


見える?
とっても小さいけれど、ちゃんと花つぼみを付けているんだよ
それも、ふたつも



挿し芽から育ったキンギョソウ
(挿し芽から育ったキンギョソウ)


こちらの先っぽにも、ちょこんと
これが咲くのは少し先だろうけれど、咲き出したら可愛いだろうなあ!



その反対側の足元には、同じく挿し芽から育ったナデシコを植え込んで、両サイドどちらから見ても様になるような寄せ植えにした


デルフィニウムの寄せ植え B面
(デルフィニウムの寄せ植え B面)


A面、B面どちらも咲いている花が少ないし、まだスカスカだけれど、2~3週間後にはもっと見栄え良くなっている計算


バックのわき役ではなく主役にした、デルフィニウムの寄せ植え

逆光に透ける青い花びらが何とも言えず可愛くて、さよさよと風に揺れてとても涼やか

足元の小さな花が咲き出したら、また記事にしようっと


そして、このナデシコと、ブルーデージー、キンギョソウの挿し芽がどこからどうして来たのかも、また後日にね



=関連記事=

昨年のデルフィニウムを使った寄せ植えの様子はこちらの記事を、どうぞご覧ください
・「家庭菜園とガーデニングの季節」2016.04.13
・「春の寄せ植え2種類 その1」2016.04.15



Sponsored Links



咲 い た ! チューリップ花壇2017 その6 [庭の花木植物]


おとといから丸30時間以上しっかり降り続いた春の雨

それが昨日の夕方やっと止んで、今日はゆっくりと晴れてきた

そこで、久々に日が差すチューリップ花壇を見てみたら・・・



つぼみが開いていた!

ついに、 咲 い た !


ついに咲いたチューリップの花
(ついに咲いたチューリップの花 ピンク色 1号花壇)



1号花壇は、ほどんどのつぼみがピンク色に色づいている
やっぱり今年も、ピンク色から咲き出した

まだ葉っぱ色をしているつぼみは、きっと赤い花だ

同じように球根を植えて、同じように育てたのに、花の色によって成長に差が出るっておもしろいね

人間の子ども同様、植物にも育つスピードに個性があるんだな


咲き出した暴れ葉っぱのチューリップ
(咲き出した暴れ葉っぱのチューリップ 1号花壇)



今年のチューリップは昨年より2週間遅い開花

でも、球根を植えたのが昨年より1か月半遅かったのを考えると、よくがんばったなあ、って感動してしまう


これでついに今年も、我が家の庭に 春 到 来 !



=関連記事=

今年のチューリップ花壇の変化の様子はこちらの記事を
・「チューリップ花壇2017」2017.02.27
・「チューリップ花壇2017 その2」2017.03.06
・「チューリップ花壇2017 その3 暴れ葉っぱ」2017.03.13
・「チューリップ花壇2017 その4 つぼみが付いた!」2017.03.20
・「開花目前! チューリップ花壇2017 その5」2017.03.27

昨年の同じ頃のチューリップの様子はこちらの記事を、どうぞご覧ください
・「チューリップが 咲・い・た!」2016.03.18
・「チューリップ その後」2016.03.29



Sponsored Links



開花目前! チューリップ花壇2017 その5 [庭の花木植物]


葉っぱの奥の方に、まだ眠たそうにして顔をのぞかせていたいくつかのチューリップのつぼみ

春分を過ぎてからというもの、見る見る間に花首がぐーーんと伸びて、あの子もこの子もつぼみが付いているのがはっきりして来ていた

でもどれもとても小さくて、色も葉っぱと同じ色


それが、先週末、気がついた

最初につぼみを発見した1本のチューリップが、今にも咲き出しそうになっているではないの!


ほら!!


開花目前のチューリップのつぼみ
(開花目前のチューリップのつぼみ)



花壇全体でも、まだ多くは葉っぱと同じ色だけれど、こんなにつぼみがハッキリと


今にも咲きそうな暴れ葉っぱのチューリップ①
(今にも咲き出しそうな暴れ葉っぱのチューリップ 1号花壇)


1号花壇は1番日当たりが良い場所だからね

全部のつぼみがふっくらとして花の色になるのも、それほど時間はかからなそう



2号花壇、こちらはもう少しお待ちください状態


今にも咲きそうな暴れ葉っぱのチューリップ②
(「もう少しお待ちください」 by 2号花壇のチューリップ一同)



後の、もうひとつの小さなチューリップ花壇と、プランターの大と小、それらもいくつかのつぼみがはっきりして来ている


うちの庭のチューリップ、いよいよ開花目前
第1号のつぼみが開くのは、もうすぐのはず!

今年もどうやら実家の桜のつぼみが開くのより先になりそう、、、かな?



おまけ
今年買った10種類13株のビオラの紹介
その2

ビオラ(ペニー オレンジジャンプアップ)
(ビオラ ペニーオレンジジャンプアップ / 1月下旬)



=関連記事=

今年のチューリップ花壇の変化の様子はこちらの記事を
・「チューリップ花壇2017」2017.02.27
・「チューリップ花壇2017 その2」2017.03.06
・「チューリップ花壇2017 その3 暴れ葉っぱ」2017.03.13
・「チューリップ花壇2017 その4 つぼみが付いた!」2017.03.20

昨年の同じ頃のチューリップの様子はこちらの記事を、どうぞご覧ください
・「チューリップのつぼみがこんなに」2016.03.14
・「チューリップが 咲・い・た!」2016.03.18



=訂正のお知らせ=

前回の記事で、載せた写真のビオラを「濃い黄色」と表記しましたが、ちゃんと「オレンジクイーン」という名前があることを後から知りました
前記事の該当箇所は訂正いたしました



Sponsored Links



前の3件 | -

message from saia

ご訪問いただき最後までお読みいただきありがとうございました。
関東地方(都会ではない)に在住です。
最近ガーデニングにはまっています。
2016年12月、約3か月滞在したヨーロッパから帰って来ました。
過去記事へのコメントも大歓迎です。
お時間がありましたらまた遊びに来て下さいね。
saia