So-net無料ブログ作成

クチナシの花の香り [庭の花・木・植物]


朝、見上げる空
吸い込まれそうな雲一つない濃い青が、気持ちを遠くに馳せさせる

今日もまた清々しい秋らしい一日だった



数日前から、庭に出るとふわーっと花の香りが漂って来ていた

何だろう、どこからだろう、キンモクセイではないぞ
香りを辿ってみると、これだっだ


クチナシ


クチナシの花

え?え?クチナシ?確か夏の始めにもう咲いていたはず・・・
記憶違いかな?

植物図鑑で調べてみると、やっぱり開花時期は梅雨の終わり頃から初夏って書いてある

でも確かにこの香りといいこの花の形といい、これはクチナシのはずなのに

そこでネットもっといろいろ調べていると、、、あ、出ていた

やっぱりね
二期咲きと言って、春と秋の2回咲く種類があるのだとか

家のこの子達は、この二期咲きのクチナシだったんだ

今まで気がつかなかったなんて、クチナシに申し訳ないなあ

<Wikipediaから転載>
クチナシは、アカネ科クチナシ属の常緑低木である。 野生では森林の低木として自生するが、むしろ園芸用として栽培されることが多い。 果実が漢方薬の原料となることをはじめ、様々な利用がある。  果実が熟しても割れないため、「口無し」という和名の由来となっている説もある。

春はジンチョウゲ、秋はキンモクセイ、その合間に年2回のクチナシ

香りでも楽しませてくれる家の花木達
もっと大事にしてあげよう



Sponsored Links



nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 13

コメント 4

Ujiki.oO

クチナシの花の白さと、特に香りが好きですっ!
小学六年生に引っ越して来た千里中央の近く、自宅前に、月灯りに浮き彫りされた白い花と香りの記憶は鮮明です。今でもクチナシを見かけると、愛おしく立ち止まってしまいます。 記憶では、花弁はバラの形状なので記憶違いが、別種かな‥
by Ujiki.oO (2017-11-21 09:27) 

saia

>Ujiki.oOさん
わぁ、Ujiki.oOさんもクチナシの花がお好きなのですね!
私もです(∩´∀`)∩
香りって記憶に残ったり、その当時をふと思い出したり、不思議な威力がありますね。
うちの庭には3本クチナシの木があるのですが、花弁がバラの花びらみたいな形のクチナシもありまーす!
昨年のこの記事に写真が載っていますので、よろしかったらどうぞご覧になってください♪♪
http://saia-saia.blog.so-net.ne.jp/2016-06-27

by saia (2017-11-21 17:56) 

Ujiki.oO

あまりにも、
 漆黒の闇夜でこそ、
  ただただ美し過ぎる「ましろき」クチナシの花・・・・

ならば買って、いつも、いつでも、
 美し過ぎるクチナシを「わがもの」にする
  情熱が高まりました。

「お花屋さん」で聞くか、 saia さんに質問しようと考えました。
待て、待て、待て! わたしは
「好きになると燃え上がる情熱が灰となって燃え尽きるまで突き進む」癖があって、
最後には、とうとう、とうとう「別に、特別に、好きでもない」
に、必ず帰着します。あれだけ好きだったのに、
信じられないくらいに豹変し、見向きもしない。
「それが自分」だと、なかなか認識しないで暮らしていると、
愛するシクラメンには、このまま好きのままに、必ず「好き」を
思い出すためにも、手元に置かないことにしました。

こうして、 saia さんのブログで、クチナシに恋い焦がれる「この距離感」こそが、至福のひと時だと再認識する次第です。ありがとうございます。
by Ujiki.oO (2017-12-24 11:19) 

saia

>Ujiki.oOさん
クチナシは、見た目も美しいし良い香りがするし、とても可愛くて癒されるので、Ujiki.oOさんも是非お手元に1本!と、おススメしたい思っていたのですが・・・
「このまま好きのままに、必ず好きを思い出すためにも、手元に置かない」、、、なるほどー!
でも、それって私にも何だか少し分かるような気がします。
好きなものって、逆にあまり深くのめり込まないようセーブした方が、その好きを長く持続していられるような。
人間の心理って不思議ですね(´▽`;)
またその内、クチナシの花の記事をアップさせていただきます♪♪

by saia (2017-12-25 01:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0