So-net無料ブログ作成
検索選択

ブルーテンブルク城 2 続続 古城のそばのひまわり畑 [ヨーロッパ2017]


さっそく前回の続き

Schloss Blutenburg(ブルーテンブルク城)は、木々の緑の中に白い城壁と赤茶色の屋根がかわいい、小さなお城

門をくぐって中庭へ行き振り返ると、ひと際目を引く後期ゴシック様式の美しい建物が

あ、これかな
ジギスムント公が建てたという礼拝堂は


前回の「悲しい恋の物語」の主人公の片方、アルブレヒト3世

彼は、恋人アグネスの死後、父エルンスト公から逃れるため他の地にしばらく身を隠していたが、後に和解
バイエルン公爵を継ぎ、結婚もした

その息子、ジギスムント公が建てたのが、この礼拝堂なんですって



ブルーテンブルク城の礼拝堂
(ブルーテンブルク城の中庭から見た礼拝堂 外壁の模様が美しい)



ところが残念なことに、行った時間が遅くて、中にもう入れない

く、悔しい…



また、このお城には、有名な「国際児童図書館」があり、「ミヒャエル・エンデ博物館」が併設されている
(博物館といっても、規模は小さそう)


ミヒャエル・エンデ氏は、1929年生まれ

映画「ネバーエンディング・ストーリー」や「モモ」の原作になった本の作者で、2度のドイツ児童文学賞を受賞している、世界的な児童文学作家

日本にもファンが多い
もちろん私もそのひとり

絵本も多く手がけている

奥さまは日本人で、ネバーエンディング・ストーリーの原作「はてしない物語」の日本語翻訳をされた方
結婚前はここ「国際児童図書館」に勤務していらっしゃったのだそう

代表作は、

「ジム・ボタンの冒険」
「モモ」
「はてしない物語」
「鏡のなかの鏡ー迷宮」
「魔法のカクテル」

など

「はてしない物語」は、作中の主人公の少年が持つ本の表装と同じ「あかがね色の本」としても有名
私も「はてしない物語」と「モモ」が大好き

1995年没



ミヒャエル・エンデ博物館の案内板
(お城の中庭にある「ミヒャエル・エンデ博物館」の案内板)



ところがここも、もう閉館した後
結局入れなかった

うう、またしても、く、悔しい…


仕方がないので、しばし中庭でぼんやりと、「中世の騎士に馬に乗って連れて来られた姫の気分♪」を妄想して過ごした

ブルーテンブルク城、また来なくては



帰りがけにまた、ひまわり畑を通った

嬉しい、ちょうど晴れてきたよ!



ひまわり畑と夏の空
(ひまわり畑と夏の空)



最後に1枚だけ、明るい夏の雲が浮かぶ空とひまわり畑、を撮れて良かった



ミヒャエル・エンデ博物館
 Schloss Blutenburg(ブルーテンブルク城)内
(Seldweg 15 81247 München)
 開館 : 水曜日から日曜日の14:00~17:00
 入館料 : おとな 1ユーロ・子ども 無料


=関連記事=

ブルーテンブルク城 1 続 古城のそばのひまわり畑

古城のそばのひまわり畑


=お知らせ=

次回の更新は8月1日頃の予定(多分)です



Sponsored Links



nice!(59)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 59

コメント 20

ぽちの輔

写真では明るく見えても
結構遅い時間なんでしょうね。
次回は早めに^^
by ぽちの輔 (2017-07-24 06:35) 

たろりん

おはようございます。

ドイツは行ったことないです・・・

日本は暑いです。

by たろりん (2017-07-24 08:51) 

ok-rock

今回の礼拝堂も可愛いデザインですね。ちょっとドイツのイメージが変わりました。
「はてしない物語」と「モモ」、自分もとても好きです。特に、モモはお話も素晴らしいですけど、主人公のモモと相棒のカシオペイアがとても好きです!

by ok-rock (2017-07-24 11:31) 

saia

>ぽちの輔さん
そうなんです(>_<)
お城の中に入った時はもう6時半を回っていました。
日が長くて夕方でも昼間のように明るいので、ついうっかりしてしました。
次回はちゃんと早めに行こうと思います!


by saia (2017-07-24 15:50) 

saia

>たろりんさん
日本はずっと暑い日が続いているそうですね。
こちらは湿度がない分過ごしやすく、申し訳ないようです。
たろりんさんもドイツへ是非一度いらっしゃってください!
でも家庭菜園の野菜たちはかわいそうかも・・・(#^^#;)

by saia (2017-07-24 16:10) 

saia

>ok-rockさん
ドイツの古城というと、石造りのごっついイメージですが、こういう可愛いお城も結構あります♪♪
前者は領土の防衛を目的としたお城で「Brug」、後者は権力を誇示するためのお城で「Schloss」と言うようです。
「モモ」、いいですよねー!
モモと亀のカシオペイアのコンビは最高です♪‎(๑•̀ㅂ•́)و✧

by saia (2017-07-24 16:34) 

yoko-minato

ブルーテンブルク城・・・せっかく行ったのに
中に入れなくて残念でしたね。
又来てくださいということですね。
by yoko-minato (2017-07-24 17:11) 

KENT0mg

その作者は知りませんでした。奥様が日本人というのが、またドラマを感じますね。映画は学生時代、吉祥寺で観たのを覚えています。『ネバーエンディング・ストーリー』
ひまわり畑の写真が絵画のようで素敵ですね。
では、8月1日にまたお会いしましょう!^^
by KENT0mg (2017-07-24 17:16) 

saia

>yoko-minatoさん
はい、「ミヒャエル・エンデ博物館」だけでなく「国際児童図書館」にも興味があったので、残念でした(T_T)
また行きたいと思います。
今度はちゃんと開館時間内に行こうっ!

by saia (2017-07-24 18:58) 

saia

>KENT0mgさん
そうですね~、きっと日独のドラマチックなラブストーリーがあったのかもしれませんね~(≧▽≦)♡
KENT0mgさん、「ネバーエンディング・ストーリー」を吉祥寺でご覧になったのですね♪♪
アジャブ・ジュヴァーンではなかったか!笑
私が撮った写真を絵画のようと言っていただき、ありがとうございます!
本当に、こちらの空はまさに「絵に描いたような雲」がよく見られるんです。
更新、書けたら8月1日前かもしれませんが…(''◇'';)ゞ

by saia (2017-07-24 19:28) 

いっぷく

『ネバーエンディング・ストーリー』、ラストシーンで
ネバーエンディングの意味がわかって
そういうことか!と思いました。
by いっぷく (2017-07-24 21:49) 

saia

>いっぷくさん
おー、やっぱり「ネバーエンディング・ストーリー」ご覧になっていらっしゃいましたね!
いろいろな映画を観ているいっぷくさんなので、多分、って思っていました。
ホント、「そういうことか!」でしたね~\(^o^)/

by saia (2017-07-24 22:57) 

あとりえSAKANA

ミヒャエル・エンデ博物館の案内板
ひと目で好きになりました☆

ミヒャエル・エンデはどれを読んでも
ワクワクしますね!
by あとりえSAKANA (2017-07-25 02:19) 

saia

>あとりえSAKANAさん
さすが! あとりえSAKANAさんの作家魂が騒ぐ(?)案内板なのですね!
私もきっと、あとりえSAKANAさんはミヒャエル・エンデのファンだと思っていました♪
だって彫金ってファンタジックですもん✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

by saia (2017-07-25 03:27) 

ジル

お城とミヒャエル・エンデ館、時間が合わなかったのは残念でしたね^^
最後のひまわり畑と青空の写真良いですね。
ゴッホやモネの絵みたいです^^
by ジル (2017-07-26 01:37) 

saia

>ジルさん
ありがとうございます!(#^^#)
ひまわり畑と空の写真、着いた時には曇っていてちょっと暗い写真しか撮れませんでした。
なので帰りに晴れてきた時は嬉しかったです。
カメラが一眼レフとかならもっとキレイに撮れるのでしょうが、何せiphoneカメラなもので…
ゴッホやモネの絵!
いかに自然の風景はそのままですでに芸術かってことですね!!

by saia (2017-07-26 02:51) 

SORI

saiaさん おはようございます。
ブルーテンブルク城は魅力的なおしろですね。周辺の景観もすばらしかったことでしょう
https://www.google.com/maps/@48.163273,11.4567909,164m/data=!3m1!1e3?hl=ja
ロートレックが亡くなった母親の邸宅であるマルロメ城の雰囲気に似ています。
by SORI (2017-07-26 06:04) 

ゆき

もう建物が絵本から飛び出してきたような可愛い作りですね!
ついついキャンバスに向かいたくなります(`・ω・´)キリッ
って、そんな高尚な趣味はありませんけどねぇ(σ*´∀`*)
by ゆき (2017-07-26 09:43) 

saia

>SORIさん
わ~、地図を貼ってくださったのですね!
ありがとうございます! 感激です.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.
こうやって自分が歩いた道筋をたどりながら見ると、この日のことを思い出せてとても嬉しいです♪♪
帰りに寄ったケンタッキーF.チキン(ドイツでは珍しいんです)も出てる~!笑
あの「ムーランルージュ」のロートレックが亡くなったお城、、、さすがSORIさん、フランスは隅々まで詳しくていらっしゃいますね!

by saia (2017-07-26 14:50) 

saia

>ゆきさん
ほんとうに! まさに絵本から飛び出してきたような可愛いお城なんです。
ゆきさん絵を描かく趣味があるのかと一瞬信じちゃいましたよー笑
でもバイクで聖地巡礼という高尚な趣味があるではないですか!
メイドライダーも巫女ライダーも、こっちで走ったらきっと話題沸騰、もう「時の人」になっちゃいますゼッタイ‎♪(๑>؂•̀๑)و✧‎

by saia (2017-07-26 15:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0