So-net無料ブログ作成

ハンブルク美術館


チューリップの球根がなかなか植えられないでいる

花壇は、コスモスとキバナコスモスを終わりにして土を耕して、すっかり準備ができているのだけれど

植えようと思うと雨が降る
土が乾いてからと思って先延ばしにしていると、また雨が降る

だけどもうそろそろ限界

今朝降っていた雨も上がって陽も出てきたことだし、今日の午後か遅くても明日には何が何でも植えないとね



さて、夏に行った「ハンブルク・ベルリン旅行記」の続きを急いで記していこう

のんびりしていると今年が終わってしまうよお
がんばれ自分!


3泊4日のハンブルク滞在の3日目は、朝から雨

観光できる最終日なのに残念だけれど、外を歩き回ることは諦めて「ハンブルク美術館」を隅々まで見学することにした

実はこの大きな美術館、宿泊したホテルの目の前にデーンとあって、いつも窓から見ていたんだ
一番移動時間がかからなくて、雨にあまり濡れなくて済む



ハンブルク美術館
(ハンブルク美術館の正面玄関 向かいにある現代アート館の広場からら撮影)



このハンブルク美術館は1869年に開館した歴史ある美術館
3棟からなる建物には、総床面積1万3,000㎡以上の数々の展示室がある

中世、ゴシック絵画から近代・現代まで、7世紀に渡る様々な著名な作品が堪能できる
ドイツ国内で、最大規模かつ最も重要な美術館のひとつなんですって

ゴッホやムンク、ルノアール、シャガール、モネなどなど日本でも人気の作家の作品も展示されてた


入場口でチケットを見せたら、観覧ガイドのマップに従って階段を上がって一気に3階へ
イヤフォンガイドは借りなかったので、自由気ままに、ハンブルク美術館ツアー開始!



ハンブルク美術館の入場口正面
(ハンブルク美術館の入場口正面の階段 上ると3階の展示場へ)



まず最初は15~17世紀、中世の絵画のエリアから

「バベルの塔」はブリューゲルの作品が有名だけれど、他の画家も描いているんだよね



「バベルの塔」ヘンドリック・ヴァン・クレーヴ
(「バベルの塔」1500年代中期 ヘンドリック・ヴァン・クレーヴ/ハンブルク美術館)



続いて近代絵画のエリアへ

ドイツ出身の作家の作品が多く展示されていた

フィリップ・オットー・ルンゲもそのひとりなのだけれど、私はこの絵が気に入った

日本の家の玄関前のアマリリスを思い出したんだ



「アマリリス」フィリップ・オットー・ルンゲ
(「アマリリス」1808 フィリップ・オットー・ルンゲ/ハンブルク美術館)



フィリップ・オットー・ルンゲは、カスパル・ダーヴィト・フリードリヒと共に、ドイツのロマン主義を代表する画家
この「Der Morgen(朝)」は特に有名



「朝」フィリップ・オットー・ルンゲ
(「朝」1808 フィリップ・オットー・ルンゲ/ハンブルク美術館)




展示室を進んで行く内に出会ったこの絵も、とっても惹きつけられた

真っ直ぐに見つめる澄んだ眼差し
描いている者を信頼しきっている目

いいなあ

しばし見とれていた後、作品プレートを見たら、前述のカスパル・ダーヴィト・フリードリヒの作品だった

(訂正:フリードリッヒ・カール・グリューガー でした すみません)

タイトルから、モデルは彼の愛娘だと分かった

道理で
温かさと愛情に満ちているはずだ



「リナ・グリューガー 芸術家の娘」F.C.グリューガー
(「リナ・グリューガー 芸術家の娘」1815 フリードリッヒ・カール・グリューガー/ハンブルク美術館)



この日は他の観光スポットを回る予定はカットしているので、作品をゆったりじっくり見ていられるのが嬉しい


ハンブルク美術館めぐり、まだまだ続く



=関連記事=

前回までの「ハンブルク・ベルリン旅行記」は、こちらをどうぞご覧ください

旅行中
世界最大の鉄道模型館「ミニチュアワンダーランド」へ行った
続 世界最大の鉄道模型館「ミニチュアワンダーランド」へ行った
ハンブルクの港で遊覧船に乗った
シュパイヒャーシュタット博物館(スパイス博物館)



Sponsored Links



nice!(63)  コメント(25) 
共通テーマ:アート

nice! 63

コメント 25

ラック

若い娘さんの絵素敵です!
生き生きとして今にも話しかけてきそうで。
画家のお嬢さんなんですね。
by ラック (2017-11-11 23:41) 

saia

>ラックさん
そうですねー!(*‘∀‘)
この絵、200年前に描かれた絵とは思えないくらい生き生きとしていて、とても素敵でした。
こんな風に思いがけず気に入った絵に出会えると、小さな幸せを感じちゃいます♪♪

by saia (2017-11-12 09:40) 

ぽちの輔

バベルの塔は、実物を見てみたかったです。
絵だといろんな形がありますよね^^
by ぽちの輔 (2017-11-12 09:45) 

ok-rock

久しぶりに今週は良い天気ですね。チューリップ植えましたか?
また威厳のある建物の美術館ですね。私も女性の絵に惹かれました。ちょっと緊張しているような飾らない表情がとても優しいく感じられますね。
by ok-rock (2017-11-12 10:18) 

RodorigesEX

海外旅行、行きたいです。(^_^;)
by RodorigesEX (2017-11-12 11:45) 

KENT0mg

こんな名画の本物が見れるなんて、羨ましい〜〜
花壇が賑やかになるようにお祈りします。
^ ^
by KENT0mg (2017-11-12 12:13) 

saia

>ぽちの輔さん
本当に! 作家によって様々な形が描かれていますね。
神話なのか、実在したのか・・・
バベルの塔、私も実物を見てみたかったです\(^o^)/

by saia (2017-11-12 16:54) 

saia

>ok-rockさん
はーい、今日やっと植えられました!
今年は今までと違って、チューリップだけの花壇ではなく、ビオラとの寄せ植え風にしてみました。
って、上手く思い描いたようになるかどうかは、来年の春にならないと分かりませんが!笑
最後の絵、ok-rockさんも惹かれましたか?
嬉しい~( *´艸`)
私もです♪♪

by saia (2017-11-12 20:37) 

saia

>RodorigesEXさん
コメントをありがとうございます!
海外旅行、もっと円安だと行きやすいですよね~!
RodorigesEXさんも是非♪♪(=゚ω゚)ノ

by saia (2017-11-12 20:41) 

saia

>KENT0mgさん
日本でも特別展示などで世界の美術作品が見られますが、それを所蔵する美術館で観賞すると、なんだかやっぱりひと味違う気がするので不思議なものです。笑
チューリップ花壇、来年の春に向けて始動しました♪♪
来年はチューリップとビオラの寄せ植え風になる予定(願望)です。
上手く行くといいな~(*´Д`)

by saia (2017-11-12 22:04) 

saia

>うっかりくまさん
うわぁぁぁ~、どどどうしよう! Σ(・ω・ノ)ノ
すみません、カスパル・ダーヴィト・フリードリヒと、フリードリッヒ・カール・グリューガーを間違えていたことに気がつきました!
たった今本文を訂正をしました。
混乱させてしまい、申し訳ありません。
深く反省です(T_T)
それにしても、学生時代にドイツのロマン派にはまるなんて、さすがうっかりくまさん♪♪
美術館は、外観は歴史を感じさせる重厚な建物ですが、内部は近代的に改造されていて美しく快適でした!

by saia (2017-11-12 22:42) 

チャー

さすが重厚感たっぷりの美術館です!
有名な絵画の前では どんな気持ちになるのかなー? 自分が立っている姿を想像してみました それだけでも夢がありますね
羨ましいです(^^)
by チャー (2017-11-13 17:35) 

うっかりくま

画風が随分違うとは思ったのですが(笑)
フリードリヒ違い、私もうっかりして
ゴメンナサイ!!それはともかく肖像画は
かわいらしくて素敵ですネ(*´∀`*)。
by うっかりくま (2017-11-13 21:31) 

yoko-minato

画家のお嬢様ですか!
お互いに信頼、愛情のまなざしで
いるのを強く感じますね。
とても素敵な絵です。

by yoko-minato (2017-11-14 07:56) 

saia

>チャ―さん
この美術館は開館が1869年ということなので、150年も前に建てられた建物で、とても重厚でした!
この後、日本でもお馴染みの有名な作品がいくつもあって、「え?これってここにあったんだ」と何度も驚いてしまいました。
おかげさまで良い思い出になりました(*^^*)

by saia (2017-11-14 20:57) 

saia

>うっかりくまさん
ゴメンナサイだなんて、とんでもない!
この度はホントにホントに、すみませんでした。
ハンドルネームを「うっかりsaia」にしなくては… (@_@;)
以後、間違った情報を載せてしまわないよう、十分気をつけたいと思いますぅ~~
でももし何か気がつかれたことがありましたら、どうぞ教えてください!

by saia (2017-11-14 21:19) 

saia

>yoko-minatoさん
そうですね♪♪ この絵のモデルの眼差し、私もとても惹きつけられました!
館内にはもっとたくさんの気に入った作品があって、写真に撮ってきたのですが、多過ぎてブログに載せきれなくて、残念です。
それでも後2回記事にしたいと思っています(*'▽')

by saia (2017-11-14 21:31) 

Kiki

saiaさん お久しぶりです ♪
お元気でしたか?
わたしはなぁんとなく元気でやっています(^_-)
愛娘を描く愛の深さがうかがわれる絵ですね。
とってもひきつけられます!
海外の美術館はこういった重厚な素晴らしい美術館が多いですね。
・・・また遊びに来ますね^^♪

by Kiki (2017-11-15 17:40) 

未来

折角の日に雨とは残念でしたが、
充実した、とっても素敵な一日となりましたね。
絵の素養はまったくないのですが、
「芸術家の娘」は、今の時代にも通じる情愛を感じさせてくれますね。
by 未来 (2017-11-16 11:22) 

saia

>Kikiさん
わ~! Kikiさんお久しぶりです♪♪
なぁんとなくでもお元気で良かったですぅ~\(^o^)/
私もなぁんとなく(笑)元気でやっています。
この「画家の娘」の絵、私もいっぺんで気に入ってしまいました!
日本でも世界遺産に登録された上野の西洋美術館が、歴史ある重厚な建造物として有名ですが、ヨーロッパの美術館はそれより更に重厚で圧倒されます!
是非また遊びに来られてくださーい(*^^*)
私もKikiさんのところにまたお邪魔させていただきます♪♪

by saia (2017-11-16 16:09) 

saia

>未来さん
はい、ハンブルクからベルリンへ移動する前日の、ゆっくり時間が取れる最後の日だったのに、雨でとても残念でした。
でも災い転じて何とやらで、おかげでひとつの美術館をじっくり見ることができ、良い思い出にすることができました♪♪
あ、未来さんと同じです(≧▽≦)
私もこの絵、古臭くなくて今の時代でも十分通じるなあ、って思いました!

by saia (2017-11-16 16:34) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

「リナ・グリューガー 芸術家の娘」の写真を見てびっくり! 僕の母の若いときととてもよく似ています。母の隔世遺伝か、僕の姪も似ています。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2017-11-20 18:59) 

ys_oota

少し前に出張の合間にオルセー美術館にいったときにも驚いたのですが、最近は美術館も写真OKなんですよねー。
by ys_oota (2017-11-21 01:01) 

saia

>暁烏 英(あけがらす ひで)さん
えええ~! この絵、暁烏英さんのお母さまのお若い時に似ているのですか?
それはそれは何と美人でいらっしゃったことでしょう!
姪御さんも似ているとは、び、美人。。。プルプル
いつかお母さまのお写真を拝見させていただきたいなあ(#^^#)

by saia (2017-11-21 12:27) 

saia

>ys_ootaさん
おお、ys_ootaさんもオルセー美術館へ行かれたのですね!
あそこもそうでしたね(*‘∀‘)
ヨーロッパは、フラッシュさえ使わなければカメラOKのところが多いような気がします♪♪
インスタに載れば宣伝効果があるから、かな??笑

by saia (2017-11-21 17:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。