So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマスムードの街中で [ヨーロッパ2015]


Frohe Weihnachten !(フローエ・ヴァイナハテン!)

街の中はもう、どこもかしこもクリスマスムード
どんよりとした悪天候が続き日照時間も短くて薄暗いこの時期に、ここに住む人たちの気分を明るくする、一年で一番大切な行事


ドイツの街のクリスマス①


初めて利用した羽田空港国際線ターミナル
とてもコンパクトで空港内の移動に時間があまりかからず、チェックインカウンターも空いていて出国審査も成田空港のように混雑していなくて、とても快適だった

久しぶりの直行便は、飛行時間も短くて、座席も前にスペースがある窓際の席だったこともあり、とても楽ちんだった


実はね、飛行機の到着時刻にちゃんと迎えに来てくれるかどうか不安だったんだ
だって以前1時間近くも待ったからね

でも予定通り迎えに来てくれていたよ
あーよかった!

出口で8月の羽田空港での見送り以来3か月ぶりの夫の姿を見てホッとした


久しぶりのこの街
思っていたより案外暖かくて驚いた
いつもなら冬のこの時期、気温マイナス何度なのにね

時差ぼけが治るまで、せめて気温は厳しくならずにいてほしいな
もう少ししたら、ホワイトクリスマスになっていいからね


ドイツの街のクリスマス②


さて今日はこれから街の中心の Weihnachtsmark(ヴァイナハツマルクト=クリスマス市)に行ってみようかな



Sponsored Links



nice!(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスピラミッドとくるみ割り人形 [ヨーロッパ2015]


街の中心の Marienplatz(マリエンプラッツ)のクリスマス市に行ってきた

ここのクリスマス市は、一般的に言う Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)とは言わず、特別に Münchner Christkindlmarkt(ミュンヘナー・クリストキンデルマルクト)と呼ばれている


ミュンヘンのクリスマス市の屋台


クリスマス市にはたくさんの屋台が並び、食べ物飲み物、クリスマスの飾り、おもちゃ、手袋・帽子・スリッパなどの衣類、ろうそくなど様々なモノが売られていて、見て回るだけでも楽しくなる

特に市庁舎前広場は、期間中ずっと大勢の観光客でにぎわっているね


屋台は毎年いつも大体同じところに同じ店を出していて、私たちはいつも同じ屋台で Glühwein(グリューヴァイン=ホットワイン)を飲むんだ


ろうそくの火の熱で羽根が回る、伝統的なクリスマスの飾り物の Weihnachatspyramide(バイナハツピュラミッデ=クリスマスピラミッド)を売る屋台も、いつもと同じ場所に出ていたよ

10数年前ここで1台それを買った
そしてそれは、今でもこの季節に家の窓辺を飾っている


ドイツのクリスマスピラミッド


それからチャイコフスキーのバレエ音楽などで、ドイツのお人形としてあまりにも有名な Nussknacker(ヌスクナッカー=くるみ割り人形)を売る屋台も、同じく毎年同じ場所に


ドイツのくるみ割り人形


Münchner Christkindlmarkt(ミュンヘナー・クリストキンデルマルクト)、今年は11月27日(金)から12月24日(木)まで開かれている



Sponsored Links



nice!(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エジプト美術博物館に行ってきた [ヨーロッパ2015]


日曜日、とても天気がよくって気持ちがいい午後だったので、散歩を兼ねて「Staatliches Museum Aegyptischer Kunst(シュターティッシェス・ムゼウム・エギュプティッシャー・クンスト=国立エジプト美術博物館)」に行ってきた


この街では日曜日は、国立(州立)の博物館・美術館はどこも1ユーロ(約133円)で入れる

以前は無料だったのになあ


古代エジプトの神アモンの石像
(古代エジプトの神アモンの石像 / 大理石 紀元前1,320年頃)


ここは2012年の8月にオープンした
その後翌年の6月に、レジデンツ(王宮)内に展示されていたものが移転され、本格的に公開されるようになった

なので、ヨーロッパでも有名なエジプト博物館として稼働し始めてからまだ1年とちょっとしかたっていない


エジプト美術博物館の入口1
(右手に見えているガラス張りの建物は「ミュンヘンテレビ映画大学」)


どーんと存在感満点の建物
そのなだらかな階段を下りて行くと、ほんとに小さな入口が
これはピラミッドの入口を模倣したものだそう


エジプト美術博物館の入口2
(入る前からムードが高まるエジプト美術博物館の入口)


チケットを買った受付で、タブレット型のイヤフォンガイドを借りたよ
これも1ユーロ
でも日曜日以外は無料なんだって


荷物や上着をロッカーに入れた後、チケットを切ってもらって展示場に入ると、直ぐになだらかで長い階段が

その階段を下りながら最初に目に入ってくるのがこの像

天空と太陽の神ホルスの立像
(天空と太陽の神ホルスの立像 / 御影石 紀元前1,360年頃)


展示物のほとんどは地下の中庭を挟んで、ふたつの広間に展示されている
今回の写真は3枚とも最初の広間にあるもの


サブと彼の妻と家族の像
(サブと彼の妻と息子の家族の像 / 石灰岩 紀元前1,360年頃)


これは本物はとても小さい
更に夫婦の足元の間にとても小さい靴だけが見える

元々は真ん中に子どもが彫られていたのかな
それとも元から小さい靴だけ彫って、ここに子どもがいることを表現したのかな


これ以外にも、こういった夫婦が並んで座っていたり並んで立っていたりする家族の像は、いくつも見つかっているらしい

今から3,400年近く昔の古代エジプトの時代から、「家族」という観念があったことが感慨深い



(次回に続きます)



Sponsored Links



nice!(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート