So-net無料ブログ作成
検索選択

新年のご挨拶とミュンヘンの自爆テロ予告事件 [日々の出来事]


新年明けましておめでとうございます


元旦、昨日の朝は早起きをして初日の出を見た

薄暗いながらも澄み渡った東の空が段々と濃い赤に染まり始め、やがてオレンジ色に変わって行き、、、
ついに黄金色に輝く眩しい太陽が!

しっかりとご来光を浴びることができた


うん、今年は良いことがありそうな気配だよ



その後、初詣に出掛けた

あまりにも暖かで穏やかな元旦だったので


荏柄天神社の階段


行き先は鎌倉

学業の神様である菅原道真公ゆかりの神社で、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に三天神社と称されるという「荏柄天神社」に父母と一緒に行ってきた

元旦に初詣に行くなんて、もしかすると高校生の時以来かも!


ものすごい人の出で境内の外の鳥居から長蛇の列
列に並び階段をゆっくり上がり、やっと参拝できたと思ったら、人ごみで身動き取れず状態

娘の学業成就のお守りとご利益根付を買うので精一杯だった


疲れたけれど、なんだか元旦からひと仕事やり遂げたっていうような達成感で、気分よく帰ってきた

(でもやっぱりもう元旦に鎌倉へ初詣なんか行かな―い!)


元旦の荏柄天神社(鎌倉)2016



そんな気持ちのいい元旦に、不穏なニュースが入ってきた

つい数日前まで生活していたドイツのミュンヘンで、Hauptbahnhof(ハゥプトバーンホフ=中央駅)とPasing(パージング駅)の2か所で、自爆テロを計画しているという情報が寄せられ、急きょ駅が一時閉鎖され、人々が避難し列車も運転を見合わせた、というのだ

ミュンヘンの警察などによりますと、テロの情報は友好国の情報機関から寄せられ、過激派組織ISにつながる5人から7人のグループが、31日の深夜に2つの駅を狙って自爆テロを計画し、犯行グループの中には、イラク人やシリア人が含まれているとしています。 実際にテロは発生せず、警察はその後、「具体的なテロ攻撃の危険は存在しない」と発表し、駅の閉鎖を解除しましたが、引き続き駅などでの警戒を強めています。
(NHK NEWSwebのサイトから転載)


確かにミュンヘンの中央駅は、昨年9月以降大量のシリア難民のドイツへの流入口となり、一時は一日1万3千人もの難民が到着したところ
いつ何かが起きてもおかしくないところ

夫の話によると、当時それはとても尋常ではない光景だったそう
そして今も難民の流入は途切れることなく続いている


私は滞在中あえてHauptbahnhofには近寄らなかったのだが、夫に「今世界の中で一体何が起こっているのか自分の目で見て確かめるべきだ」と何度か言われた

でもパリでテロ事件が勃発したばかり
同じ陸続きのヨーロッパ内で、事件に巻き込まれる可能性の少しでもあるところにあえて近寄る勇気はなかった

無事に行って帰ってくる

それは日本で帰りを待っている娘への、親としての責任でもあるのだから


荏柄天神社の絵馬


結果的には現地では何事もなく済んだようだけれども、穏やかな新年の始まりに、世界のどこかで平和とは程遠い事件が起こっていることを知らされたニュースだった


世界中の誰もが憎しみの渦に身を投じることなく、穏やかに暮らすことができますように

そう願わずにはいられない



Sponsored Links



タグ:鎌倉 ドイツ
nice!(35)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

空の上で観た「ジュラシック・ワールド」 [映画/DVD]


今日も温かで穏やかな気持ちのいい天気だった

こんなにいい天気が続くなんて新年から幸せ

三が日も過ぎ、今日からシャキッと通常運転再開
3日間のんびり日本のお正月を楽しんだから、今日は掃除・洗濯がんばったよ!



さて、飛行機の中で行き帰り3本ずつ映画を観てきたので、それを紹介してみたい

まず今回は、「ジュラシック・ワールド


ジュラシック・ワールド


2015年6月(日本では8月)に公開
「ジュラシック・パーク」シリーズの4作目
監督はコリン・トレヴォロウ
1作目同様、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を執っている


今では世界的な恐竜のテーマパークとなった「ジュラシック・ワールド」に、2人だけで遊びに来たザックとグレイの兄弟。

ここでは、パークの管理者であり2人の叔母であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が、遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させていた。

知能が高く共食いもする凶暴なインドミナスが脱走してしまい、入園者たちは恐怖の底へ突き落され園内はパニック状態に。

インドミナスがザックとグレイに襲いかかる。
逃げ惑う2人を助けるため、恐竜監視員のオーウェン(クリス・プラット)とクレアはインドミナスを追いかけ、あるアイディアを思いつくが・・・


といった感じのストーリー

いかに人間が、地球上の生物の創造主であるかのような驕り高ぶった愚行を侵しているか、現実の世界でいつか自然に仕返しをされる時が来ると暗示しているかのような映画だった


これを観ながら、22年前シリーズ第1作の「ジュラシック・パーク」を映画館で観て、恐竜のリアルさに怖くて泣きそうになったのを思い出した

それに懲りて、2作目・3作目は観に行かなかったんだ

今回は飛行機の中の手元の小さな画面だから大丈夫だったけれど、映画館の大きなスクリーンで観たら迫力あり過ぎてやっぱり怖かっただろうなあ!

ましてや3Dでなんて、私には無理だったかも。。。


ドイツの公園のサイのオブジェ
(近くの公園に一昨年出現した恐竜ならぬサイのオブジェ ミュンヘンにて)


ところで、監督のコリン・トレヴォロウさん、この映画がまだ劇場公開2作品目の新人監督なんだそう
大抜擢だね!

でも、そんなこと感じさせない迫力ある大胆な演出で、とってもよかった

と思っていたら、2019年に公開が予定されている、「スター・ウォーズ エピソード9」の監督に決まっているんですって

おお、そうかー!
その内、スティーヴン・スピルバーグやジェームズ・キャメロンのような有名監督になるのかな


今後の彼の作品に注目したいと思った



Sponsored Links



nice!(37)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

寒木瓜の花が咲いている [庭の花・木・植物]


昨日は、帰国後初めての曇り空の一日だった
ずっと晴れの日が続いていたせいか、久しぶりに風邪気味で気分もどんよりしていた

でも、今日はまた晴れてくれて、あ~穏やかだなー
気持ちがいいなー

風邪もすっかりどこかへ行ってしまったよ


庭のカンボケ(赤)


今年に入って初めて庭の花をゆっくり見た
そうしたら、いくつか嬉しい発見が

その内のひとつがボケの花


うちには2種類ボケの木があって、1本は赤

もう1本が白と薄い桃色のミックスで、とても可愛い


庭のカンボケ(ピンク)


ボケ木瓜)は、バラ科ボケ属の落葉低木
(学名 Chaenomeles speciosa)
果実が瓜に似ているので、木になる瓜で「 木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも言われているそう


実は昨年の出発前、つぼみが膨らんでいて、いくつかチラッと咲きほころび始めたのに気がついていた
それが今、盛んに咲いている


だけど、ボケって春の花じゃあなかったっけ?

そう思って調べてみると、確かにボケの咲く時期は3~4月と出ている

でも11月頃から2月頃に咲くボケもあって、それを「寒木瓜カンボケ)」と言うのだそう

うちのボケは、このカンボケだったんだね


庭のカンボケ(赤)アップ
(庭のカンボケ 大きく撮れたけど実際はとても小さい花)


冬の庭は枯れ葉色一色で寂しいかと思ったら、どうしてなかなか
春や夏のような派手さはないけれど、十分楽しめる


カンボケの花、今年の冬も忘れないで咲いてくれてよかった

ありがとう



Sponsored Links