So-net無料ブログ作成

映画の日に「オデッセイ」を観た [映画/DVD]


昨日、数年ぶりに高校の友達に会いに行った

ちょうど昨日は1日で「映画の日」だったので、映画を観ることにした
ふたりともまだ「オデッセイ」を観ていなかったので、即決だった


「オデッセイ」は今年度のアカデミー賞の7部門でノミネートされた作品
話題になっていたので、観るのがとても楽しみだった


原作は、アンディ・ウィアーの小説『火星の人』
主演は、マット・デイモン
監督は、「エイリアン」や「ブレードランナー」を手掛けたリドリー・スコット
2015年(日本では2016年)公開


オデッセイ


舞台は火星。
宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)は探索中に死亡したと思われ、仲間の乗務員たちは火星を去る。

ところが奇跡的にも彼は生きていた。

そこから始まる、主人公のサバイバル生活。
空気も水もなく通信も遮断され、食料は残りわずかという絶望的な状況下で、マーク・ワトニーは救助される日を信じ、なんとか生き延びようとする。

そしてその頃NASAでは・・・


といったストーリー


もう、主人公のめちゃくちゃポジティブな思考と頭脳と行動力に、圧倒された

シリアスな状況下でありながら、ジョークを飛ばし、ユーモアをもってひとりで困難に立ち向かう姿は感動的だった

仲間の飛行船乗組員たちとの信頼関係も、大きく胸に響いた


主人公マーク・ワトニー役のマット・デイモンは、アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたものの受賞は逃したけれど、私は、この作品で彼が受賞してもおかしくないと思ったな!

まあ、レオナルド・ディカプリオも何度もノミネートされながら、主演男優賞受賞は今回初めてだったのだから、仕方ないかもしれないけれど


そうそう、後、印象に残ったのが音楽

画面に広がる壮大で美しい宇宙空間や異星の地にとてもしっくり来る、美しいサウンドトラックだった

それに孤独な主人公が仕方なく聴く音楽が、船長が置いて行ったアメリカ70年代の懐メロ(ドナ・サマーの「Hot Stuff」やアバの「Waterloo」などなど)っていうのが、なんだかとてもおもしろかった

最後の方、デヴィッド・ボウイの「Starman」も流れたよ!


「オデッセイ」とは、ギリシャ語で「長い冒険の旅」「行きて帰りしもの」という意味なのだそう

まさにこの映画そのもの


観終わった後、前向きになれて元気が出る、いい映画だった

もう一回観たいな!



Sponsored Links



冬の庭から春の庭へ [庭の花・木・植物]


先週末、今年初めてウグイスの鳴き声を聞いた

その後は聞かなかったのだけれど、今朝、どこかで再びウグイスの声
姿は見えなかったけれどね

梅の花をついばみに来るのはいつもメジロだけ

おーい、ウグイス
早く来ないと、梅の花が終わっちゃうよ~



ここのところ暖かい日が続いているせいか、庭が一気に春めいてきた

2月16日の記事では、やっと収穫できるかできないかぐらいの大きさだった小松菜は、その後ぐんぐん大きくなり、一番大きな株はついに花が咲くほどに!

小松菜の花



スナップエンドウもぐんぐん伸びて、今朝なんと小さな花のつぼみを発見した

スナップエンドウの花のつぼみ


あと一週間くらいで咲くかな?

スナップエンドウの花はかわいくて大好き
楽しみだなあ!


そして、庭の日当たりの良い場所には春の雑草の花が咲き出している


オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ


ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ


雑草だってよく見ると、それぞれとてもかわいい


冬の庭が妖精に魔法をかけられたように、見るみる間に春の庭へと変わってきた



(次回に続きます)



Sponsored Links



続 冬の庭から春の庭へ [庭の花・木・植物]


前回の記事の続き

庭が急に春めいて驚いているが、真冬から寒い中ずっと咲き続けている花もある


昨年から咲き出した庭の2種類の椿ツバキ

濃いピンクの方はそろそろ終わりに近づいているかな、と思うけれど、淡いピンクの方はまだまだつぼみがいっぱい

この先も長く咲き続けそう

薄いピンクの椿



でもね、それより何よりこれにはかなり驚いた

黄水仙キズイセン)の花!

2月21日の記事で書いたように、2週間と数日前にはたった一輪、咲いたー!って驚いていたのに、気がつくと今ではもうこんなにフサフサに咲きそろっている

咲きそろった黄水仙



そして、チューリップ

葉がこーんなに伸びて、今にもつぼみが見えてきそうな勢い!
きっと葉の奥でつぼみがすくすく育っているんだろうな

伸びたチューリップの葉



三寒四温を繰り返し、ひと雨ごとに草木は育ち、約束通り春は近づいて来ている

庭の花々に背中を押され、さあ、私もそろそろ春を迎える準備をしなくちゃね



Sponsored Links