So-net無料ブログ作成
検索選択

4月の始まりは花曇り [庭の花・木・植物]


今日から4月
すべてが新しいスタートの日

周りを見渡せば、あちこちでが咲き出し、いかにも日本の春の風景

今日はちょっと曇っていたけれど、それもまた風情があっていいかも
こういうのを「花曇り」って言うんだね


花曇り、うまいこと言うもんだなあ


桜2016



3月中旬から咲き出していた庭のハナニラも、ずいぶん花が増えてきた


ハナニラは、メキシコやアルゼンチンなどの南アメリカが原産の小球根植物で、明治時代に日本に入ってきたという

学名は、イフェイオン、またはアイフェイオン
英語名は、スプリング・スターフラワーと呼ばれているのだそう

日本では、葉や茎にネギやニラのような臭いがあることから、ハナニラと呼ばれる


ハナニラ
(庭のハナニラ)



ミヤコワスレ(都忘れ)も咲き出している
少し前に咲き出した頃は、まだ地面につくように低く花が咲いていた

今はだいぶ茎が伸びて、地面から離れて花が咲くようになってきた
つぼみはたくさん付いているので、これからもっとたくさん咲きそう


ミヤコワスレは、別名をノシュンギク(野春菊)やアズマギク(東菊)とも言い、本州南部、四国、九州の山野に自生するミヤマヨメナ(深山嫁菜)を原種とする、日本固有の園芸品種だそう

花色は青紫、淡紫、白、ピンクなど多種ある

名前の由来は諸説あるが、「承久の乱で佐渡に流された順徳天皇がこの花を見て傷心を癒やし、都への思いを忘れた」という逸話からつけられた、とも言われている


ミヤコワスレ
(庭のミヤコワスレ)


さあ、今日から子どもも大人も日本中が新学期

フレッシュな気持ちで、またリスタートしよう



Sponsored Links



nice!(42)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

フラガール [映画/DVD]


雨が降ったり強い風が吹いたり
天候に恵まれなかった土日だったけれど、やっと少し空が明るくなってきた

あちこちの桜がいつの間にかほぼ満開になっている

今年の新入生は、入学式に桜が満開で良かったね


もう葉桜になってしまった地方も、まだ桜はつぼみの地方も、日本全国すべての入園式、入学式、入社式のみなさん、おめでとうございます



フラガール


DVDで「フラガール」を観た

もう10年前の映画で、フラダンスブームも起きたと聞くので観た方も多いと思うが、私はまだだった

この映画は、劇場公開された2006年度の、第80回キネマ旬報ベストテンで邦画第1位、第30回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した作品


主演は、松雪泰子、蒼井優
共演は、豊川悦司、富司純子、岸部一徳ほか
監督は、李相日
2006年公開


舞台は昭和40年代
福島県いわき市の炭鉱町に町おこし事業として立ち上げられた「常磐ハワイアンセンター」(現在の「スパリゾートハワイアンズ」)にまつわる実話を基に描かれている

炭鉱の規模縮小で仕事を失う人々の苦悩

この地で生きて行くため新しい活路を見出しそれを何とか成功させようとする人々

そして、自分の人生を自分で切り開こうとフラダンサーになるべく猛特訓する町の少女たち

期待していた通り、とても感動した


ストーリー展開も、小さなエピソードがすべてラストへとちゃんとつながっていて、とても気持ち良かった
ユーモアもたっぷりあって笑えたし、ただの根性ものやサクセスストーリーとも違っていた

でも何といっても、主人公の紀美子役の蒼井優ちゃんの素朴な演技と終盤の熱演、目を見張る迫力あるダンスシーンに圧倒された

蒼井優ちゃん、10年前だからまだあどけなさが残っていてかわいい!
でも演技もダンスもすごい!
ますます好きになってしまった


それから、主人公の母親役の富司純子さんも、素顔は美しく着物を着こなす上品な歌舞伎俳優の奥さまだろうに、すっかり炭鉱のたくましく真っ黒になって働く女になっていて、改めて女優さんってすっごーいと思った

特に、終盤で娘の紀美子の踊る姿を見て、その後に語る台詞、、、
もう、娘に対する母親の心情がわかり過ぎるほどわかって、思わず泣いてしまった


そうなんだよね
自分が歩いてきた人生と同じように娘が生きるとは限らない
と言うよりも、同じ価値観で同じように生きるはずがない

娘は娘で、自分で自分の道をもがいて苦しんで見つけ出し、生きて行くしかないんだよね



ちなみに、現在の本物のフラガールたちは、5年前の大震災の時、大きな被害を受けながらも「フラガール全国きずなキャラバン」を結成

常磐炭鉱が次々と閉山していった時、町や家族を救うため立ち上がった当時のフラガールたちの精神を引き継ぎ、また震災復興への願いを込め、日本各地をまわって公演したという






ふーーーっ(ため息&にっこり)

観終わって、「観て良かった! もっと早く観たかった!」と思える、いい映画だった



nice!(51)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE&DOCUMENTARY 本日発売! [ミュージック]


やっったああぁぁぁーーーー!!!

昨日、待ちに待った「ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE&DOCUMENTARY」が届いた! キタ――(゚∀゚)――!!


昨年開催されたワンオクの全国アリーナツアー「ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR」の、さいたまスーパーアリーナ公演を収録した映像作品が、DVD版とBlu-ray版でリリースされると発表になったのが2月

ここ Saia's blogでも 2月10日の記事で紹介した

発売日は今日(4月6日)!
それより1日早くフラゲした!


これがその、「ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE&DOCUMENTARY


ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE&DOCUMENTARY 表


リリースが発表になってから、2か月
長かったお~

それに、宅配便でピンポーンと鳴って届くのかと思っていたから、まだ来ないまだ来ないってずーーーっと待っていたのに、なかなか来なくて、、、

結局、郵便受けに普通に入ってた… ← がくっ


ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE&DOCUMENTARY 中身


昨日は、2枚目のドキュメンタリーの方を観た

結構まじめ
今までのような“おふざけ”がほとんどなかった
ほんのワンシーン、Tomoyaの誕生日のお祝いの時とかちょこっとだけかな

4人ともすごくまじめに語っていた

もちろん楽しそうな4人それぞれの姿もちゃんとあったよ!


ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE&DOCUMENTARY 裏


今回のLIVEツアーで初めて、毎回ゲストバンドを呼んで行われていたのだけれど、そのゲストとの絡みがとても良かった

高橋優、OKAMOTO'S、Crossfaith、coldrain、SiM などなどワンオクファンならお馴染みのバンドが登場
彼らが語るワンオクがまた良かった

特に高橋優くんの言葉には、ぐぐっと来るものがあった


それから、Takaがツアーの途中で喉の調子が悪くなったことや、ツアー最終日にToruが救急車で運ばれる前の様子もわかって興味深かった


それにしても、ツアーのスタッフも多くなって、出演者なのに許可書を忘れてTakaが自分たちの楽屋に入らせてもらえなかった、2010年の武道館LIVEから比べると、大きなバンドに成長したなーって、ジ――ンとなったよ



6th Live DVD & Blu-ray [ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE & DOCUMENTARY]
(2016.03.16 に公開)




実は、昨日はドキュメンタリーだけ観て、肝心の1枚目のLIVEの方はまだこれからなんだ!
今、この記事をアップしたら、即、速攻で観る!


昨年のあの日のあの感動がきっとよみがえるだろうな!


あ~~~~楽しみ過ぎて、もう震えるよおぉぉ!!!


ONE OK ROCK 2015 “35xxxv

ONE OK ROCK 2015 “35xxxv" JAPAN TOUR LIVE & DOCUMENTARY [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズ
  • メディア: DVD



(注:フラゲ=フライング ゲット=発売日より早く手に入れること)



このワンオクのライヴDVD&Blu-rayについては、こちらの記事もどうぞご覧ください

・関連記事「ONE OK ROCK 2015 “35xxxv” JAPAN TOUR LIVE&DOCUMENTARYが発売決定!」2016.02.10



Sponsored Links



nice!(43)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽