So-net無料ブログ作成

サマータイムの終わりとカランコエ [ヨーロッパ2016]


後ほんの少しで日付が変わって、11月になる
日本はもう、11月1日の朝だね


日曜日は「Ende der Sommerzeit(エンデ・デア・ゾンマーツァイト)」だった

夏時間の終わり

つまり冬時間の始まり
日本との時差は7時間から8時間になった


あれ、いつから夏時間の終わりが10月の最終日曜日になったんだっけ?

私がこの街に初めて来た時は、サマータイムは3月の最終日曜日から9月の最終日曜日までだったよ

そう思って調べたら、どうやら1996年からひと月延びて10月の最終日曜日までになったみたい

あれま、そうだったんだ!
もう20年も前から

あはは、笑っちゃう
最初に来た年のインパクトが強くて、サマータイムは9月の最終日曜日までって記憶が定着したままだったみたい

夏時間といっても、1年の内7か月が夏時間で、正規の時間は5か月なんだね
(20年前までは半々だった)


何はともあれ久しぶりに、あの、時計の針を戻しながら「1時間得した気分を味わえる幸せ」を感じられると楽しみにしていたのに、、、

電波時計のせいで、勝手に時間が修正されていて、全然得した気分にならなかったよおー!


はうぅ、ショックぅ・・・



ドイツのカランコエ(三分咲き)
(ドイツのカランコエ 三分咲き)



ところで、やっぱり買ってしまった

今回こちらに来て間もなくの頃、秋の日差しが射し込んで明るい窓辺に、何もないのが寂しくて

いつもの近所のスーパーの店先に並んでいたこの花を、ひと鉢だけ買って来た


観葉植物はまだしも、普段留守がちな夫が、花の面倒をみれる可能性は限りなくゼロに近いのだけれど

だから今まで、植木鉢の花を買うことは避けてきたのだけれど

どうしても花が恋しくて、我慢できずに買ってしまった

それから3週間

大きくなって、こんなにたくさん咲いている


ドイツのカランコエ(八分咲き)
(買って3週間後のドイツのカランコエ 八分咲き)



カランコエは、マダガスカル・東アフリカを主な原産地とし、ドイツで品種改良が始まって、その後オランダやアメリカ、日本でも改良が行われた花だとか

花の色は、赤・ピンク・紫・オレンジ・黄色といろいろある

葉っぱは肉厚で表面に光沢があって、様々な品種が「多肉植物」としても栽培されているという

ドイツのカランコエは、寒さに強く、水枯れにも強いらしい
多肉的葉っぱに水分が蓄えられるからなのかな

寒さが厳しいドイツの風土に、きっと適した花なんだね


今日は、このカランコエを買ったのと同じスーパーで園芸用土を買って来た
そろそろちゃんとした植木鉢に植え替えてやろうと思って

植木鉢は、先日 IKEA(イケア)で買ってきてある


さてと明日さっそく植え替え、しよう



Sponsored Links



nice!(59)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドイツのマクドナルド1号店 [ヨーロッパ2016]


11月に入って、この街では晴れの日の昼間でも 10℃を超えることがなくなってきた

街路樹は日に日に葉が落ちて行き、瞬く間にほぼ枝だけになってしまった
あたり一面が落ち葉のじゅうたんで黄色く染まっている


そんな紅葉(黄葉?)の散歩道の途中には、所々に面白いものがある

これも、そのうちのひとつ


ドイツの壁面アート
(ドイツの壁面アート)


誰かのいたずら描きなのか、公に認められた芸術なのか定かではないけれど、コンクリートの壁面に、こんな風に絵が描かれていることが多々ある

時にはスプレーで乱暴に描かれた、いたずら描きとひと目で分かるものもあるけれど

特に、人が住んでいるアパートメントのきれいに塗られた外壁にスプレーを吹き付けられているのを見るのは、不快だし、悲しくなるけれど

これは、ちょっと薄暗くなっている遊歩道の壁面
こんな丁寧に描かれた愉快な絵なら、許しちゃう


それにしても、この短いキュウリらしき絵を見て連想したのがピクルス

ドイツの人ってピクルス大好きなんだよね
Sauerkraut(ザウワークラウト=千切りキャベツの酢漬け)は、ドイツのお漬物みたいなもので有名だけれど、ピクルスも結構好き

で、ピクルスと言えばハンバーガー
ハンバーガーと言えばマクドナルド(?)

マクドナルドと言えば、、、
うち(住んでいるアパートメント)のすぐ近くにマクドナルドがあって、そこはなんと、ドイツのマクドナルド1号店なのだ!!


ドイツのマクドナルド1号店①
(ドイツのマクドナルド1号店)



こんな他に何もないような、何の変哲もない住宅街に、なんで?って昔から不思議だったのだけれど、事実のよう

店内には開店当時の写真のパネルが飾られている

それに、10年位前に改装した時から、お店の入口には
「1.McDONALD’S RESTAURANT IN DEUTSCHLAND ERÖFFNET AM 4.DEZEMBER 1971」
って書かれた大きなプレートが飾られている


ドイツのマクドナルド1号店②
(「ドイツのマクドナルドレストラン1号店、1971年12月4日に開店」と書かれたプレート)


日本のマクドナルド1号店は 1971年7月に開店したらしいので、ほぼ同時期にオープンしたんだね

でも、日本の1号店は銀座ですって
随分違うなあ!


そのマクドナルド1号店、ここに住んでいた時は時々行っていて、娘は Kindermenü(キンダーメニュー=子ども用セットメニュー=日本のハッピーセット)のおまけを今でもいろいろ持っているけれど、、、

今はほとんど行かなくなっちゃったな

今はドイツに来ても、ハンバーガーより「おうちで中華風野菜炒め」かな!笑


ある日の夕食 inドイツ
(ある日の食卓 inドイツ)


では、Weißbier(ヴァイスビア=小麦のビール)と一緒に、 Guten Appetit!(グーテンアペティート=いただきます & 召し上がれ)



Sponsored Links



nice!(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

世界最古のモノレールに乗ってみた [ヨーロッパ2016]


とうとう日曜日から降り出した、雪
それもみぞれ混じりの冷たい雨と交互に

この街も、ついに冬に突入だなあ

今日の午後は久しぶりに晴れ間が見れたけれどね
ここからが長いんだよね

長い長いこの街の冬物語が始まった



さて前回の記事では「ドイツで最初のマクドナルド」が、うちの近くにあることを書いた

今回は、「ドイツで」どころか「世界で」最古のモノレールに乗った話

それは、Wuppertal(ヴッパータール)という街にあるモノレール


世界最古のモノレール in ドイツ②
(世界最古のモノレール in ドイツ これは最近の車両)



ヴッパータールは、ドイツの北西部の Nordrhein-Westfalen(ノルトライン=ヴェストファーレン州)という長い名前の州にあって、同じ州にはデュッセルドルフ、ケルン、ボン、サッカーで有名なドルトムントなどがある

日本企業が多く在住日本人もドイツで一番多いデュッセルドルフから、電車で20分で行けてしまう


世界最古のモノレール in ドイツ③
(ヴッパータール空中鉄道の駅 大きさ、古さ、デザインは駅によって様々)



ヴッパータールのヴッパーとは川の名前で、1800年代初頭にはすでに、この川の上方空間を利用した鉄道が検討されていたという

でも、高架鉄道を建設するのは、川幅が狭くカーブが多いため困難だろうとの見解があり、1894年ヴッパータール市は、当時工業用として短距離で実用化していた懸垂式モノレールを採用することに決定した

これが「Wuppertaler Schwebebahn(ヴッパーターラー・シュヴェーベバーン=ヴッパータール空中鉄道)」


世界最古のモノレール in ドイツ④
(ヴッパータール空中鉄道の高架橋)



そして、その懸垂式モノレール「ヴッパータール空中鉄道」は、1901年に開通

それから115年たった今でも、改修工事をしつつも現役で運行されている


世界最古のモノレール in ドイツ①
(世界最古のモノレール in ドイツ これは当時の車両!)



観光地によくある1日フリーパス
ここヴッパータールにも TagesTicket(ターゲスチケット=1日乗車券)があって、このモノレール、バス、Sバーン(普通の電車)が乗り降り自由

もちろん私も、それを買って乗ったよ

街を高い所から見下ろしたり、遠くの山々の景色を見渡したり、楽しかった


この1日フリーパスは 1人用から5人用まであって、

1人用が € 6.70(約 780円)
2人用が € 9.90(約1,150円)
3人用が €13.10(約1,520円)

オクトーバーフェストの観覧車とほぼ同じ値段だった~!


ドイツの鉄道線路
(ヴッパータールの鉄道線路 走っている電車と駅で停まっている電車)



大聖堂で有名なケルンからでも電車で30分

それほど大きな街ではないけれど、自然がいっぱいあって美しい風景が広がっていて、うん、なかなかいいところだった

チャンスがあったら、また行ってみたいな



Sponsored Links



nice!(58)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行