So-net無料ブログ作成

老舗の劇場でミュージカル「CATS」を観た [ヨーロッパ2017]


ミュージカルCATSを観に行った

夏休みに入ってここに来ている(帰ってきている)娘も一緒に


場所は、先日3Dで「パイレーツ・オブ・カリビアン」を観た映画館の近くの Deutsches Theater(ドイチェス・テアター)



ドイチェス・テアター
(ドイチェス・テアター Schwanthalerstraße 13 , 80336 München )



ここは1897年に初公演が行われた、歴史ある老舗の劇場

数多くの演劇の名作、ヒット作を公演し、市民の芸術文化の発展に大きく貢献してきたという

建物の外観は古めかしいままだけれど、劇場内は近代的に改装されている


肝心のチケットは、娘が「何かミュージカルが観たいなー」と急に言い出したので、急いで調べてもらって、ちょうど「CATS」をやっているのを見つけたのだけれど、席がほどんど埋まってしまっている

結果、バルコニー席のほぼ一番端っこの席

ところが行って座ってみてビックリ
舞台にとても近くて、前に誰もいなくて、見やすいったらないの!

もちろん真正面からの醍醐味はないけれど、舞台全体で見えない部分はないし、上から見下ろした方が舞台の奥の方まで見えて、かえって良いくらいじゃない?

何より出演者(出演猫?)の顔の表情まで良く見えるのは、やっぱり迫力満点!

これで、ひとり21ユーロ(=約2,700円)ってお得感あり過ぎでしょ



ドイチェス・テアターの天井の照明
(バルコニー席から見たドイチェス・テアターの天井の照明)



この「CATS」の公演、ロンドンの劇団のヨーロッパツアーで台詞や歌は英語、ドイツ語の字幕が舞台左右上方に出ていた

ちなみに、映画はドイツでは必ず吹き替え版が上映される

だってー、ドイツ語ってひとつひとつの単語のつづりが長いからー、字幕だと読み切れない内に会話がどんどん先に進んじゃってー、ストーリーの展開に追いつけないんだもーん

・・・という理由だそう


劇場内では、夏休みのせいか子ども連れの家族もいたし、高齢のご夫婦も多く見かけた

劇の最中は、拍手だけではなく大きな声で笑ったり、一曲終わると名前(ネコの)を呼んだり、みんな楽しそう


ストーリーは、

今夜は、年に一度開かれる「ジェリクル舞踏会」の日
この舞踏会に参加するため集まってきた沢山の「ジェリクルキャッツ」

「ジェリクルキャッツ」とは、人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫のこと

そして「ジェリクル舞踏会」は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ、特別な舞踏会

歌い、踊り、自分こそがとアピールする猫たち
その中で、再生を許される、最も純粋なジェリクルキャッツとして、新しく誰が選ばれるのか・・・

(以上、劇団四季のホームページを参考)

と、いうもの



CATS ロビーのポスター
(劇場ロビーラウンジに貼ってあったCATSのポスター)



始まった途端に、もうすっかりジェリクルキャッツの世界に入り込み、魅了されてしまった

歌も上手い! 踊りも上手い!
こんなにも脚の長いスタイルの良いネコは見たことがない! …ん?

さすが本場だけあって、踊りの随所にクラシックバレエが感じられた

一匹は明らかに元バレエダンサーに違いなかった

そして、あの名曲「Memory」を歌うグリザベラー役は、若い小柄な女優さんだったけれど、何の違和感もない、と言うよりも、新しい解釈が成り立つような配役だった

歌声は、鳥肌が立つほど迫力貫禄十分

彼女が最後に歌った「Memory」は、、、感動のあまり気がついたら涙が出ていた


フィナーレは劇場内もう総立ち!
大きな拍手はもちろん、指笛や「ブラボー」の連呼

この街の多くの人に愛されているミュージカルなんだなあ、って感じ取れた

1981年 ロンドンでの初演以来、36年ものロングランも頷ける


ドイツでの娘との初ミュージカル、とーーっても楽しかった!!



Sponsored Links



nice!(50)  コメント(24) 
共通テーマ:演劇