So-net無料ブログ作成

美しい石がいっぱいの「鉱物博物館」に行ってきた [ヨーロッパ2017]


天気が良く暑い日曜日
午後から3人で出掛けた

行き先は、石が大好きな娘の希望で「鉱物博物館Museum Reich der Kristalle ムゼウム・ライヒ・デァ・クリスターレ)」へ

ここは、この街の大きな大学の研究室棟につながる建物にある、比較的規模の小さい博物館

ドイツ国内でも有名な大きな美術館の「アルテ・ピナコテーク」のすぐ近くにある



ドイツの鉱物博物館
(ドイツの鉱物博物館の入口付近)



入館料は、常設展は無料だけれど特別展の入場料が、大人ひとり4ユーロ(=約520円)、子ども・学生がひとり2ユーロ(=約260円)

日曜日だから、ひとり1ユーロで入れるかなーと思ったら、ここは違った!笑


今やっている特別展は「世界中から集められた鉱物」の展示

さっそく特別展示室へ入ってみた



ドイツの鉱物博物館の展示物1
(鉱物博物館の展示物1 モロッコで採集されたもののよう)



大きい石、小さい石、様々な色や形状の石が展示されていて楽しい

世界の各地で採集された有名な石がたくさんある



ドイツの鉱物博物館の展示物2
(鉱物博物館の展示物2 クリームチーズとお豆のバーガーみたい?)



室内は照明が暗く、ほとんどがガラスのショーケースに入っているので、写真が撮りにくい

いくつかは、大き過ぎてガラスケースに入らないので(?)通路に展示されていて、まじまじと接近して見られたけれど、もう凄すぎて、圧倒されてしまった

でもさー、これ持って行かれちゃったらどーするんだ?

なーんて要らぬお世話なことを考えてみた



ドイツの鉱物博物館の展示物3
(ドイツの鉱物博物館の展示物3 これもケースに入っていない)



中でも私が特に気に入ったのが、薄暗い展示室内で、ライトに照らされて表面がツヤツヤに輝いていた腰掛け椅子

・・・ではなくて、樹木の化石

表面は、まるで大理石のような模様でとても美しい

それが、これ



ドイツの鉱物博物館の展示物4
(ドイツの鉱物博物館の展示物4 樹木の化石)



解説によると、これ(日本語で珪化木(けいかぼく))は、古代に土砂などに埋もれた樹木が、気が遠くなるような長い年月をかけて化石化したもの

アメリカ合衆国のアリゾナ州ペトリファイド・フォレスト国立公園で採集されたものだそう

解説を読むまで、これが元々は植物だったとはとても信じられなかった

やっぱり地球は不思議で溢れているなあ!


この「鉱物博物館」は、大学の研究室棟につながっているだけあって、常設展示のロビーでは、学生が勉強できるスペースがたっぷり

夏休みの日曜日にもかかわらず多くの学生が勉強をしていた

ドイツの学生はみな勉強熱心だと聞いていたが、さすが!
感心した

日本の学生は今頃どうなのかなー?


鉱物(こうぶつ)が好物(こうぶつ)の娘は、大満足
閉館時間が迫っていなかったら、もっといたかったみたい


きっとまた来れるよ

また来ようね



鉱物博物館(Museum Reich der Kristalle)」
 Theresienstr. 41 80333 München
 開館 : 火曜日から日曜日 13:00~17:00
(月曜は休館日)     
 入館料 : おとな 4ユーロ 子ども・学生 2ユーロ



=関連記事=

2015年の冬に行った「エジプト美術館」の様子は、こちらの記事をどうぞご覧ください

エジプト美術館に行ってきた



Sponsored Links



nice!(56)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行