So-net無料ブログ作成
ヨーロッパ2017 ブログトップ
前の3件 | -

ハンブルクの港で遊覧船に乗った [ヨーロッパ2017]


ただいま!
無事に帰国

久しぶりの日本は想像していたよりも涼しかったけれど、これからまた暑くなるらしい

何と言っても、感激したのがセミの声
ドイツにはセミは生息していないので、気温は高くてもセミの声が聞こえず、何だか妙な気分の物足りない夏だった

日本はセミが元気に鳴いていて、まだ夏が続いていることを実感する

それでもツクツクボウシの鳴き声が、夏も終盤だよって教えている


そして、もちろん庭は荒れ放題!

しばらくは庭の手入れに追われる日々が続きそう

次の出発の11月末までに、なんとかなるかな



ハンブルクの港の風景 1
(遊覧船の上から見たハンブルクの港の風景 1 奥に見えるのはコンテナターミナル)



さて、帰国後になってしまったけれど、ハンブルク・ベルリン旅行記の続き

第3弾は、ハンブルク港で乗った遊覧船のこと

ハンブルク2日目の朝はちょっと薄曇り
でも予報では「曇りのち時々晴れ」となっているから心配しない

この日の夜は、ハンブルク在住の知人と会って食事をする予定になっている
その後一緒にミュージカル「アラジン」を見に行くんだ!

なので夕方まで、港界隈でのんびりすることにした


ハウプトバーンホフ(中央駅)からU3の地下鉄に乗って5つ目の駅「Landungsbrücken」で下車

降りて橋を渡る時気がついたのが、この錠前!
初め誰かのアートなのかと思っちゃった

恋人同士が、永遠に別れないおまじないとして錠前をここに取り付けるんですって

これってここの橋に関わらず、ヨーロッパ中の橋に結構あって、ドイツ国内ではつい最近ケルンのライン川沿いで錠前の重みで橋が壊れて一時通行止めになったとか

その前は、パリのセーヌ川沿いのポンデザール橋も!

この錠前のおまじない、今時は日本でもあるのかな?



ハンブルク港近くの橋の愛の錠前
(ハンブルク港近くの橋の「愛の錠前」 ここも壊れそう… )



ここから歩いて数分、すぐに埠頭に到着
いくつも遊覧船の運航会社があって、それぞれ船の大きさや遊覧ルート・時間が違い、料金も違う

どれが良いかすぐに判断できそうもなかったので、とにかくその時点で出航時間が一番早い船(コース)を選んだ

料金は、1時間の遊覧コースで、
おとな 18ユーロ(約2,340円)
子ども 9ユーロ(約1,170円)
学生  16ユーロ(約2,080円) だった


運良く天気が良くなってきて、クルーズ日和
海に青い空と白い雲、最高に気持ち良かったー!

出航してしばらくすると、造船所のドック、それからコンテナターミナル

コンテナがカラフルで、クレーンが突き出ている様はそれこそまるでアートのよう

おもしろい!



ハンブルクの港の風景 2
(遊覧船の上から見たハンブルクの港の風景 2 アートのようなコンテナ船)



ガイドさんの説明を聞くところによると、ここハンブルク港はドイツ最大の港湾で、世界中から年間約1万3千の船が出入りするという

19世紀後半には、世界最大の香辛料やコーヒー、ココア、絨毯の取扱港として栄えた

第2次世界大戦のハンブルク空襲で、港は完全に破壊されてしまったけれど、戦後復興し、現在、貨物取扱量はオランダのロッテルダム港に次いで、ヨーロッパで第2位だとか



ハンブルクの港の風景 3
(遊覧船の上から見たハンブルクの港の風景 3 豪華客船の顏がユニーク)



そして港めぐりの最期に、「エルプフィルハーモニー・ハンブルク(通称:エルフィ)」を海上から見ることができた

エルフィは、ほぼ10年の歳月と巨額な建設費をかけて建設され、今年の1月にグランドオープンしたばかりのコンサートホールで、ハンブルクの新たなシンボル、ランドマークになっている

この建物の中は複合施設になっていて、ふたつのコンサートホールの他に、ホテルやレストラン、港周辺を見渡せる展望広場、音楽教育施設などが入っているのだそう


そういえば、この新名所エルフィの絵はがき、いたる所でたくさん売られていたな

前日に行った「ミニチュアワンダーランド」のハンブルクのブロックにも、しっかりあった



ハンブルクの港の風景 4
(遊覧船の上から見たハンブルクの港の風景 4 エルプフィルハーモニー・ハンブルク)



ちなみに、帰ってきて調べたところによると、このコンサートホールの音響は、日本人の音響設計家、豊田泰久氏と日本の音響設計事務所によるものなんですって

ハンブルク港は横浜港と姉妹港だというし、日本との結びつきを感じ、何だか嬉しくなってしまった


たった1時間のクルーズだったけれど、初めて訪れたハンブルクの魅力を知ることができて、楽しい経験だった



=関連記事=

ハンブルク・ベルリン旅行記の第1弾・2弾は、こちらをどうぞご覧ください

旅行中
世界最大の鉄道模型館「ミニチュアワンダーランド」へ行った
続 世界最大の鉄道模型館「ミニチュアワンダーランド」へ行った



Sponsored Links



nice!(61)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行

帰国の準備と桔梗 [ヨーロッパ2017]


いよいよ帰国する日が近づいてきた

最後になって、いろいろ忙しい
いつもそうなのだけど、やっぱ今回も慌ただしい

植物たちへも最後の世話をしてやらないと

今回の滞在中に増えた花は6鉢

え? 6鉢も?
それって多過ぎでしょ〜
って、自分で驚いている

次にここへ戻ってくる時まで、がんばっていてくれるといいなあ



ドイツの桔梗
(キキョウ)



と言う訳で、現在帰りじたくに追われている最中

日本はまた暑さがぶり返しているのかな

ここはもう木々の葉が色づき始め、落ち葉がちらほら
早くも秋の気配


日本に帰ったら、もう一回夏を感じられるかな



<お知らせ>
次回の更新は、帰国後の9月4日の予定です



Sponsored Links



nice!(34)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

続 世界最大の鉄道模型館「ミニチュアワンダーランド」へ行った [ヨーロッパ2017]


さっそく前回の続き

ここ「ミニチュアワンダーランド」は、2000年から建設が始められ、2001年8月にオープン

最初は中央ドイツクヌッフィンゲンオーストリアの3つのブロックしかなかったのだそう
(クヌッフィンゲンは多分「ミニチュアワンダーランド」にある架空の街のよう)

その後、ハンブルクアメリカ北欧スイス空港と順次オープンし、昨年(2016年)9月に最新のブロック、イタリアがオープン

現在これら9つのブロックがあるが、完成はまだまだ先で、最終的には13のブロックが建設予定なのだそう


鉄道と建物だけではなくて、船だって精巧でスゴイ!


ミニチュアワンダーランド ハンブルク 5
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 5 北欧のブロック 船と港)



この先のブロックに行くと眩しい夏のビーチの景色もあるけれど、冬景色もとても美しかった


ミニチュアワンダーランド ハンブルク 6
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 6 北欧のブロック 子どもが雪遊びしている)



もらって帰ってきたパンフレットから、現在展示されている鉄道模型のデータを拾うと

線路の長さ 15,400m

列車の数 1,040台

自動車などの乗り物数 10,000台

一番長い列車 14.51m

信号機の数 1,380か所

フィギュアの数 260,000体 ← スゴッ!

樹木の数 130,000本

そして、制作に費やされた総時間数は、なんと、760,000時間!



ミニチュアワンダーランド ハンブルク 7
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 7 ハンブルクのブロック)



そう言えば、前回の記事で入場者数について「アジア方面からは、やっぱりそれ程多くないなあ」って書いちゃったけれど、ドイツ国内やヨーロッパの近隣国に比べると、であって、その他の地域の国からと比べると、日本はひと桁多いぐらい!

確か16,000人位だったような…(うろ覚え)

多分これって、ドイツからの距離を考えるととても多いのでは、って気がする



ミニチュアワンダーランド ハンブルク 8
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 8 中央ドイツのブロック この人の多さ! パレードかな?)



これも中央ドイツの風景のひとコマのようだけど、バイエルン地方(南ドイツ)にしか見えない!
みんなでビールを飲んでいる様子がリアルで笑っちゃって、思わず接写


ミニチュアワンダーランド ハンブルク 9
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 9 中央ドイツのブロック でもバイエルン?)


ここのジオラマの特徴が、会場内随所で見つけられるユーモアたっぷりの人間描写(時々動物描写!)なんだなー


それから、船と港も凄かったけれど、2011年5月にオープンした8番目のブロックの飛行機と空港もスゴイ!

コンピューター制御で各国各社の飛行機が空港内を移動したり、着陸したり離陸したり

ワイヤーで吊り下げられた飛行機が、滑走路から飛び立つ時はシャッターチャンスを狙って人がいっぱいに


ミニチュアワンダーランド ハンブルク 10
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 10 空港のブロック 飛行機が飛び立つ瞬間!?)



もちろん飛行機だけではなく、全ての列車や自動車、他の乗り物、昼と夜の照明の切り替えも全てコンピューター制御

コントロールセンターでは現在常時50台のコンピューターが稼働しているのだそう


スイスのブロックは、まるでハイジの世界
ヒツジやヤギがたくさん

あっ、ハイジらしき赤い服を着た子と、クララらしき車椅子に乗った子もいたよ!

照明も何だか爽やかで、この辺一帯で美味しい空気が吸えそうな気がしたのは私だけ?


ミニチュアワンダーランド ハンブルク 11
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 11 スイスのブロック ここにはハイジは写っていません… )



そして最新の9番目のブロックが、イタリア
バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂とコロシアムが、一挙に見渡せてお得ね~ ←(?)

因みにこのコロシアム、制作時間に4,000時間が費やされたのだとか
またもやスゴイ!


ミニチュアワンダーランド ハンブルク 12
(ミニチュアワンダーランド ハンブルク 12 イタリアのブロック)



実はこの後まだ、更に「歴史のゾーン」があって、同じ場所の紀元前からの風景の遍歴、そして現代史のコーナーは世界大戦前、戦時中、戦後、現在を各々ガラスケースに入ったジオラマで再現してある

このすぐ側にフィギュアの制作室があり、作業の様子が見える


最後は大きな会場での野外ライヴの様子
ステージのモニター画面に映される映像と音響つき、という凝りよう!
女性ボーカリストでドイツ語で歌っているけど誰かな?

盛り上がって興奮している観客の様子がリアルで笑える~



お土産コーナーでは、私は、昼と夜2種類の写真が毎月付いた来年(2018年)の大きなカレンダーを、飛行機大好きの娘はルフトハンザのプラモデルを買った

ここで使用されているメルクリン社製の模型もたくさんあった


疲れ果ててしまったので、夕食はここのセルフサービスのレストランで

座席は、テーブルをはさんで向かい合わせにはなっているけれど飛行機の椅子みたいで、まるで飛行機の中で食事しているような作りになっていて面白かった


何とか全部回ったけれど、疲れた~
どうやら昼と夜が10回くらい替わるまでいたみたい
(もちろん照明の切り替えが)
でも楽しかった!

後4つ、13全部のブロックがオープンしたら、もう一度行ってみたいな



ミニチュアワンダーランド(Miniatur Wunderland Hamburg)」
 Kehrwieder 2 29457 Hamburg
 交通 : Baumwall駅(地下鉄 U3)から徒歩5分
 開館 : 年中無休
 月・水・金 9:30~18:00
 火 9:30~21:00
 木 9:30~19:00
 土 8:00~21:00
 日・祝 8:30~20:00
(夏季は 7:30~24:00 等時間延長あり )     
 入場料 : おとな 13ユーロ 子ども 6.50ユーロ 学生 9ユーロ
(シニア65歳以上 11ユーロ 等各種割引料金あり)



=関連記事=

前回の記事は、こちらをどうぞご覧ください

世界最大の鉄道模型館「ミニチュアワンダーランド」へ行った



Sponsored Links



nice!(64)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - ヨーロッパ2017 ブログトップ