So-net無料ブログ作成
検索選択
ヨーロッパ2017 ブログトップ
前の3件 | -

世界最大の鉄道模型館「ミニチュアワンダーランド」へ行った [ヨーロッパ2017]


生まれて初めて行った、娘と親子ふたり旅

行き先は、北ドイツのハンブルクと、ドイツの首都ベルリン


いつもドイツにいる時に行く旅行は、暖かさを求めて南下する傾向があり、イタリア、スペイン、ギリシャ、トルコなどだった

寒い季節に寒いドイツで、更に寒いであろう北ドイツ方面にわざわざ行くのはちょっと、、、と思ったかったから

3年前に夏に来た時、プラハ(チェコ)にも行ったのが最近の最北端、かな


なので、ハンブルクは初めて

今回は夏の季節にいるのだから、北の方へ旅行する絶好のチャンス

ベルリンも、3回目だけれど約20年ぶり
娘はまだ生まれていなかったから、もちろん初めて

という訳で、旅の記録の第1弾はここ、ハンブルクの「Miniatur Wunderland(ミニアトゥーア・ヴンダーラント)」

日本語で「ミニチュアワンダーランド



ミニチュアワンダーランド ハンブルク 1
(ミニチュアワンダーランド 1 ハンブルクのブロック あれ?火事だ!)



私たちが住んでる街を朝早く出て、ICE(イーツェーエー = ドイツの新幹線)の直通で約6時間

ハンブルク中央駅に、お昼過ぎに着いた

宿泊する駅のすぐ近くのホテルに荷物を置いて、先ず向かったのが、世界遺産にもなっている運河沿いの赤レンガ倉庫地区



ハンブルクの赤レンガ倉庫地区 2
(赤レンガ倉庫地区の風景 ハンブルク)



「ミニチュアワンダーランド」はその倉庫街の一角にあり、入口はドイツ式の2階(日本式で数えると3階)にある

ここはハンブルクで今一番注目されている人気の観光スポットらしく、入場制限をしていて、チケット売り場で一番早い回で40分後だと言われた

もちろん40分待つことにして、その間周りを散策して過ごしたよ


待ち時間はあっという間に経ち、いよいよミニチュアの世界へ
go on a trip!



ミニチュアワンダーランド ハンブルク 2
(ミニチュアワンダーランド 2 アメリカのブロック)



ここ「ミニチュアワンダーランド」は、HOスケール鉄道模型のテーマパークで、展示総面積、線路の長さ、車両数など、ドイツ国内のみならず世界最大を誇るという

HOというのは、鉄道模型で縮尺87分の1、軌間16.5mmのサイズを表す用語で、ハーフOゲージの略

9つのブロックに分かれた世界各国各地の鉄道と、それが走る場所の風景や建物、そこに暮らす人々を再現する壮大なジオラマが展開されている


入り口には、世界のどの国から延べ何人の入場者が来ているかというパネルが出ていて、デジタルで数字がどんどん変わっている!

これは、チケット購入時にどこから来たのかを聞かれるので、それで即時に入力されているみたい

アジア方面からは、やっぱりそれ程多くないなあ



ミニチュアワンダーランド ハンブルク 3
(ミニチュアワンダーランド 3 アメリカのブロック・ラスベガス)



おもしろいのが、場内が一定時間ごとに段々暗くなって、夕方から夜の風景になり、しばらくするとまた段々明るくなって、朝が来る仕組みになっていること

昼間の風景が一転、建物や電灯に明かりが灯り夜景が出現する
もちろん走っている列車や自動車にもライトがつく

よくできた演出で、感激!



ミニチュアワンダーランド ハンブルク 4
(ミニチュアワンダーランド 4 同じ場所の夜景)



列車も自動車も、コンピューター制御で信号で止まったり走ったり、渋滞でのろのろだったり
列車のスピードが速くて、カメラのシャッター速度が追いつかなかったり

事故で、レッカー車や救急車、パトカーが来ていたり
火事で消防車が出動していたり

人間も、転んでいたり池に落ちていたり、酔っぱらっていたりケンカしていたり

ペンギンがアザラシをペットのようにして遊んでいたり!


よくよく見れば見るほど、ユーモアたっぷりで思わず笑っちゃう

子どもだけではなく、おとなも夢中になるのが分かる気がする

特におとなの男の方々が、一眼レフらしき大きなレンズが付いたカメラで、熱心に写真を撮っていたのが印象的だった


それにしても、ここまでだけでも楽しくて見るのに時間がかかったのに、まだ7つもブロックがあるなんて、す、すごいー!

これ全部見て回り切れるのだろうか?


続く



Sponsored Links



nice!(61)  コメント(32) 
共通テーマ:旅行

旅行中 [ヨーロッパ2017]


現在北の方へ旅行中

初めて娘とふたり旅



こんな所を歩いたり


ハンブルクの赤レンガ倉庫地区 1



こんな所に行ってみたり


ミニチュアワンダーランド in ハンブルク



こんなのに乗ってみたり


ハンブルクの遊覧船



こんなのを見たり


ハンブルク美術館の展示作品



楽しんでいる



と言う訳で、初めてのiPhoneからの投稿

上手く行きますように!



<お知らせ>
旅行中につき、何かと通常通り行かず不具合が生じる可能性が大と予想されます
申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします



Sponsored Links



nice!(40)  コメント(22) 
共通テーマ:blog

美しい石がいっぱいの「鉱物博物館」に行ってきた [ヨーロッパ2017]


天気が良く暑い日曜日
午後から3人で出掛けた

行き先は、石が大好きな娘の希望で「鉱物博物館Museum Reich der Kristalle ムゼウム・ライヒ・デァ・クリスターレ)」へ

ここは、この街の大きな大学の研究室棟につながる建物にある、比較的規模の小さい博物館

ドイツ国内でも有名な大きな美術館の「アルテ・ピナコテーク」のすぐ近くにある



ドイツの鉱物博物館
(ドイツの鉱物博物館の入口付近)



入館料は、常設展は無料だけれど特別展の入場料が、大人ひとり4ユーロ(=約520円)、子ども・学生がひとり2ユーロ(=約260円)

日曜日だから、ひとり1ユーロで入れるかなーと思ったら、ここは違った!笑


今やっている特別展は「世界中から集められた鉱物」の展示

さっそく特別展示室へ入ってみた



ドイツの鉱物博物館の展示物1
(鉱物博物館の展示物1 モロッコで採集されたもののよう)



大きい石、小さい石、様々な色や形状の石が展示されていて楽しい

世界の各地で採集された有名な石がたくさんある



ドイツの鉱物博物館の展示物2
(鉱物博物館の展示物2 クリームチーズとお豆のバーガーみたい?)



室内は照明が暗く、ほとんどがガラスのショーケースに入っているので、写真が撮りにくい

いくつかは、大き過ぎてガラスケースに入らないので(?)通路に展示されていて、まじまじと接近して見られたけれど、もう凄すぎて、圧倒されてしまった

でもさー、これ持って行かれちゃったらどーするんだ?

なーんて要らぬお世話なことを考えてみた



ドイツの鉱物博物館の展示物3
(ドイツの鉱物博物館の展示物3 これもケースに入っていない)



中でも私が特に気に入ったのが、薄暗い展示室内で、ライトに照らされて表面がツヤツヤに輝いていた腰掛け椅子

・・・ではなくて、樹木の化石

表面は、まるで大理石のような模様でとても美しい

それが、これ



ドイツの鉱物博物館の展示物4
(ドイツの鉱物博物館の展示物4 樹木の化石)



解説によると、これ(日本語で珪化木(けいかぼく))は、古代に土砂などに埋もれた樹木が、気が遠くなるような長い年月をかけて化石化したもの

アメリカ合衆国のアリゾナ州ペトリファイド・フォレスト国立公園で採集されたものだそう

解説を読むまで、これが元々は植物だったとはとても信じられなかった

やっぱり地球は不思議で溢れているなあ!


この「鉱物博物館」は、大学の研究室棟につながっているだけあって、常設展示のロビーでは、学生が勉強できるスペースがたっぷり

夏休みの日曜日にもかかわらず多くの学生が勉強をしていた

ドイツの学生はみな勉強熱心だと聞いていたが、さすが!
感心した

日本の学生は今頃どうなのかなー?


鉱物(こうぶつ)が好物(こうぶつ)の娘は、大満足
閉館時間が迫っていなかったら、もっといたかったみたい


きっとまた来れるよ

また来ようね



鉱物博物館(Museum Reich der Kristalle)」
 Theresienstr. 41 80333 München
 開館 : 火曜日から日曜日 13:00~17:00
(月曜は休館日)     
 入館料 : おとな 4ユーロ 子ども・学生 2ユーロ



=関連記事=

2015年の冬に行った「エジプト美術館」の様子は、こちらの記事をどうぞご覧ください

エジプト美術館に行ってきた



Sponsored Links



nice!(55)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - ヨーロッパ2017 ブログトップ