So-net無料ブログ作成
検索選択

美しい石がいっぱいの「鉱物博物館」に行ってきた [ヨーロッパ2017]


天気が良く暑い日曜日
午後から3人で出掛けた

行き先は、石が大好きな娘の希望で「鉱物博物館Museum Reich der Kristalle ムゼウム・ライヒ・デァ・クリスターレ)」へ

ここは、この街の大きな大学の研究室棟につながる建物にある、比較的規模の小さい博物館

ドイツ国内でも有名な大きな美術館の「アルテ・ピナコテーク」のすぐ近くにある



ドイツの鉱物博物館
(ドイツの鉱物博物館の入口付近)



入館料は、常設展は無料だけれど特別展の入場料が、大人ひとり4ユーロ(=約520円)、子ども・学生がひとり2ユーロ(=約260円)

日曜日だから、ひとり1ユーロで入れるかなーと思ったら、ここは違った!笑


今やっている特別展は「世界中から集められた鉱物」の展示

さっそく特別展示室へ入ってみた



ドイツの鉱物博物館の展示物1
(鉱物博物館の展示物1 モロッコで採集されたもののよう)



大きい石、小さい石、様々な色や形状の石が展示されていて楽しい

世界の各地で採集された有名な石がたくさんある



ドイツの鉱物博物館の展示物2
(鉱物博物館の展示物2 クリームチーズとお豆のバーガーみたい?)



室内は照明が暗く、ほとんどがガラスのショーケースに入っているので、写真が撮りにくい

いくつかは、大き過ぎてガラスケースに入らないので(?)通路に展示されていて、まじまじと接近して見られたけれど、もう凄すぎて、圧倒されてしまった

でもさー、これ持って行かれちゃったらどーするんだ?

なーんて要らぬお世話なことを考えてみた



ドイツの鉱物博物館の展示物3
(ドイツの鉱物博物館の展示物3 これもケースに入っていない)



中でも私が特に気に入ったのが、薄暗い展示室内で、ライトに照らされて表面がツヤツヤに輝いていた腰掛け椅子

・・・ではなくて、樹木の化石

表面は、まるで大理石のような模様でとても美しい

それが、これ



ドイツの鉱物博物館の展示物4
(ドイツの鉱物博物館の展示物4 樹木の化石)



解説によると、これ(日本語で珪化木(けいかぼく))は、古代に土砂などに埋もれた樹木が、気が遠くなるような長い年月をかけて化石化したもの

アメリカ合衆国のアリゾナ州ペトリファイド・フォレスト国立公園で採集されたものだそう

解説を読むまで、これが元々は植物だったとはとても信じられなかった

やっぱり地球は不思議で溢れているなあ!


この「鉱物博物館」は、大学の研究室棟につながっているだけあって、常設展示のロビーでは、学生が勉強できるスペースがたっぷり

夏休みの日曜日にもかかわらず多くの学生が勉強をしていた

ドイツの学生はみな勉強熱心だと聞いていたが、さすが!
感心した

日本の学生は今頃どうなのかなー?


鉱物(こうぶつ)が好物(こうぶつ)の娘は、大満足
閉館時間が迫っていなかったら、もっといたかったみたい


きっとまた来れるよ

また来ようね



鉱物博物館(Museum Reich der Kristalle)」
 Theresienstr. 41 80333 München
 開館 : 火曜日から日曜日 13:00~17:00
(月曜は休館日)     
 入館料 : おとな 4ユーロ 子ども・学生 2ユーロ



=関連記事=

2015年の冬に行った「エジプト美術館」の様子は、こちらの記事をどうぞご覧ください

エジプト美術館に行ってきた



Sponsored Links



nice!(55)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

老舗の劇場でミュージカル「CATS」を観た [ヨーロッパ2017]


ミュージカルCATSを観に行った

夏休みに入ってここに来ている(帰ってきている)娘も一緒に


場所は、先日3Dで「パイレーツ・オブ・カリビアン」を観た映画館の近くの Deutsches Theater(ドイチェス・テアター)



ドイチェス・テアター
(ドイチェス・テアター Schwanthalerstraße 13 , 80336 München )



ここは1897年に初公演が行われた、歴史ある老舗の劇場

数多くの演劇の名作、ヒット作を公演し、市民の芸術文化の発展に大きく貢献してきたという

建物の外観は古めかしいままだけれど、劇場内は近代的に改装されている


肝心のチケットは、娘が「何かミュージカルが観たいなー」と急に言い出したので、急いで調べてもらって、ちょうど「CATS」をやっているのを見つけたのだけれど、席がほどんど埋まってしまっている

結果、バルコニー席のほぼ一番端っこの席

ところが行って座ってみてビックリ
舞台にとても近くて、前に誰もいなくて、見やすいったらないの!

もちろん真正面からの醍醐味はないけれど、舞台全体で見えない部分はないし、上から見下ろした方が舞台の奥の方まで見えて、かえって良いくらいじゃない?

何より出演者(出演猫?)の顔の表情まで良く見えるのは、やっぱり迫力満点!

これで、ひとり21ユーロ(=約2,700円)ってお得感あり過ぎでしょ



ドイチェス・テアターの天井の照明
(バルコニー席から見たドイチェス・テアターの天井の照明)



この「CATS」の公演、ロンドンの劇団のヨーロッパツアーで台詞や歌は英語、ドイツ語の字幕が舞台左右上方に出ていた

ちなみに、映画はドイツでは必ず吹き替え版が上映される

だってー、ドイツ語ってひとつひとつの単語のつづりが長いからー、字幕だと読み切れない内に会話がどんどん先に進んじゃってー、ストーリーの展開に追いつけないんだもーん

・・・という理由だそう


劇場内では、夏休みのせいか子ども連れの家族もいたし、高齢のご夫婦も多く見かけた

劇の最中は、拍手だけではなく大きな声で笑ったり、一曲終わると名前(ネコの)を呼んだり、みんな楽しそう


ストーリーは、

今夜は、年に一度開かれる「ジェリクル舞踏会」の日
この舞踏会に参加するため集まってきた沢山の「ジェリクルキャッツ」

「ジェリクルキャッツ」とは、人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫のこと

そして「ジェリクル舞踏会」は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ、特別な舞踏会

歌い、踊り、自分こそがとアピールする猫たち
その中で、再生を許される、最も純粋なジェリクルキャッツとして、新しく誰が選ばれるのか・・・

(以上、劇団四季のホームページを参考)

と、いうもの



CATS ロビーのポスター
(劇場ロビーラウンジに貼ってあったCATSのポスター)



始まった途端に、もうすっかりジェリクルキャッツの世界に入り込み、魅了されてしまった

歌も上手い! 踊りも上手い!
こんなにも脚の長いスタイルの良いネコは見たことがない! …ん?

さすが本場だけあって、踊りの随所にクラシックバレエが感じられた

一匹は明らかに元バレエダンサーに違いなかった

そして、あの名曲「Memory」を歌うグリザベラー役は、若い小柄な女優さんだったけれど、何の違和感もない、と言うよりも、新しい解釈が成り立つような配役だった

歌声は、鳥肌が立つほど迫力貫禄十分

彼女が最後に歌った「Memory」は、、、感動のあまり気がついたら涙が出ていた


フィナーレは劇場内もう総立ち!
大きな拍手はもちろん、指笛や「ブラボー」の連呼

この街の多くの人に愛されているミュージカルなんだなあ、って感じ取れた

1981年 ロンドンでの初演以来、36年ものロングランも頷ける


ドイツでの娘との初ミュージカル、とーーっても楽しかった!!



Sponsored Links



nice!(48)  コメント(24) 
共通テーマ:演劇

2周年記念はこの地で迎えた [ヨーロッパ2017]


日本は今すでに8月1日
ここの日付もあと数時間で8月になる

カレンダーはもうめくった

8月にここにいるのは3年ぶり
3年前に来た時は、ものすごーく久しぶりの真夏のドイツだったので、何もかもに感激していた

セミが鳴かない夏、というのにも感激

日本ではありえない、セミの声が聞こえない夏
暑くても、何かが足りない気がしてならない夏


そして、「Saia's blog」を始めて今日で丸2年が経った

2年間で220記事
ひと月平均10記事にも満たないけれど

昨年は、身内の不幸が重なり、一時期更新が途絶えがちになった
今年に入っても、アクシデントに立て続けに見舞われ、2か月も更新がストップしてしまった

それでも、何とか細々ながらも続けて、2周年を迎えることができた
それもドイツで


それを自分自身で記念して、ちょっとした変化をつけたくなった

それは、ブログタイトルの「Saia's blog」にサブタイトルを付けるというもの



ドイツの壁面アート(家の壁)
(ドイツの壁面アート 家の壁に描かれていて一瞬ビックリ)



サブタイトルは、自分でも驚くほどすんなり決った
それは、この度ここへ来て生活しながら、気がついたから

「たとえどこに住んでいても、ポジティブ志向(思考)で暮らしたい」

ってね


だからこのブログ「Saia's blog」は、2周年を記念して、今日から、


Saia's blog どこに住んでもポジティブ暮らし



初心を忘れず、初心に帰って、もっと素直に心のままを記して行きたい




こうやって丸2年間続けて来られたのも、いつもブログを読んでくださる皆さまのおかげです

これからも引き続きどうぞよろしくお願いいたします



=関連記事=

1年前、1周年の日の記事はこちらをご覧ください

ゼフィランサス(サフランモドキ)



Sponsored Links



nice!(43)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog