So-net無料ブログ作成
検索選択

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」を3Dで観た [ヨーロッパ2017]


行ってきた、行ってきた!

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」!

今までのシリーズ全作観ているし、こちらでもやっているのを知っていたので、これもゼッタイ観たいと思っていた

でもね、日本は今月上旬から劇場公開し始めたけれど、ここでは5月下旬から既に始まっていたので、まだちゃんとした映画館で観られるか心配していたんだ


で、ネットで探してもらったら、、、
大丈夫! ちゃんとやっていたよ

街の中心 Haupbahnhof(ハオプトバーンホフ = 中央駅)のそばの、スクリーンが14もある大きな映画館

せっかくなので、3Dで観ることにした

久しぶりの3D映画! ワクワクするー!



3D映画のメガネ(ドイツ)
(3D映画のメガネ at ドイツの映画館)



チケットは、ひとり13.90ユーロに、ネット購入手数料が0.5ユーロで、計14.40ユーロ(約1,870円)

日本よりちょっとだけ安いのかな?

でも日本だと、ネットで予約しても映画館に行って座席指定券に取り換える、というひと手間プラスしなければならないでしょ?

けれどここでは、チケット購入完了画面、またはそれをプリントアウトしたものを見せればOKなので楽ちん!


3D用のメガネは、結構しっかりした作りで、掛けて周りを見渡しても普通に見えてただのサングラスのよう

これが、3D専用のフィルムを見ると立体的に見えちゃうんだから不思議



パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(ドイツ語版)
(「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」 映画館の上映案内)



シリーズ5作目になる今回の「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」
おもしろいと思ったのが、このサブタイトル

日本では「最後の海賊」だけれど、こちらでは「Salazars Rache(サラザールの復讐)」と付いている

宣伝ポスターも、日本のは主要登場人物5人が分かるように描かれているけれど、こちらのは主人公のジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と今回の最重要人物サラザールが向き合っている

ずいぶん受ける印象が違うなあ!


因みに原題は、英語で「Pirates of the Caribbean : Dead Men Tell No Tales」

サブタイトルの「Dead Men Tell No Tales」は、言ってみれば「死人に口なし」的な意味だから、これもまたイメージが違う

国が違うと、その国の人々が一番惹きつけられるサブタイトルになるんだね

文化の違いっておもしろい



カラフルな映画館のポップコーン
(カラフルな映画館のポップコーン 好きな色と味を選ぶ量り売り)



いやー、とにかく、おもしろかった!

相変わらずのジャック・スパロウに、笑った!
会場内のあちこちからも笑い声が聞こえた

海賊船がぶつかり合うシーンや、幽霊船の亡霊たち、海が割れる(?)シーンは3D効果もあり、迫力満点だった

今回初めて明かされるキャプテン・ジャック・スパロウ誕生の秘密!
まだ青年だった時のジャック・スパロウが、かっこかわいいぃぃ~

あのテーマ曲が流れる度にゾクゾクした

そして、全シリーズ通して出てきたあの人物が、そうだったとは!という衝撃の事実とその結末


最後の最後のシーンは、あの人とあの人が、、、 もう感動的で思わずうるうる…


日本に帰ったら私、もう一度観るよきっと!



ところで、おまけ

映画を観る時は、あまり前知識を入れないで行く私は、あのポール・マッカートニーが少しだけ出演してた、って観終わってから知った

気がつかなかったー!

どのシーンに出てくるか、それは観てのお楽しみ



Sponsored Links



nice!(47)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

古城のそばのひまわり畑 [ヨーロッパ2017]


唐突に、ヒマワリを見たくなった

夏の花の代表選手、ヒマワリ
昨年の夏は、ミニヒマワリを種から育てて、家の庭の2つの花壇を小さなヒマワリで埋めつくした

かわいかったなー!

でも今年の夏は、こっちへ来てしまう事が分かっていたから、種を蒔かなかった


そういえば、3年前、とーっても久しぶりに8月にここに来た時、トスカーナ地方へ車で旅行に行ったのだけれど、その時見たひまわり畑は壮観だった

懐かしい!
せっかくヒマワリが咲く季節にここにいるのだから、今年も見たい!


そこで、ひまわり畑を見に行くことにした

もちろん今すぐトスカーナまでは行けないので、近いところへ



古城のそばのヒマワリ畑①



この街は、自動車や家電製品、医薬品メーカーで有名なところだけれど、ちょっと車を走らせて郊外に行くと農業や酪農も盛んな地域であることが分かる

もちろん、有名な作品が見れる美術館や博物館、古い教会やお城などの観光名所も多い

Schloss Blutenburg(ブルーテンブルク城)もそのひとつ

小川が流れる遊歩道の途中にある小さな古城

そのすぐ側に「ひまわり畑」が広がっている



古城のそばのヒマワリ畑③



この地域のひまわり畑は、主に食用のヒマワリの種を採る目的で栽培されている

Sonnenblumen(ゾンネンブルーメン = ヒマワリ)の種子は、ドイツではとてもポピュラーな食料

ヒマワリの種の入ったパンはどこにでもある
もちろんサラダドレッシングに欠かせないヒマワリ油も

ヒマワリの種子は、リノール酸が豊富な脂質の他、タンパク質、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンB1・B2、ナイアシン、ビタミンEなどが含まれている栄養豊富な健康食品なんだとか


そうだ、とっとこハム太郎が「大好きなのは~ ヒマワリの種~♪ 」と歌っていたように、ペットや家畜の餌にもされているんだったね

それに随分前から、BDF(Bio Diesel Fuel = バイオディーゼル燃料)として利用する研究・開発・取り組みが行われていて、菜種油と同様にヒマワリ油もその原料として使われているのだそう

地球温暖化が深刻なヨーロッパ、特にエコに関心の高いドイツらしい取り組み



古城のそばのヒマワリ畑②



トスカーナの風景とはちょっと違うけれど、「ひまわり畑」とても素敵!
見に来て良かった!


欲を言えば、、、これらの写真、曇っていてちょっと暗いのが残念
花を明るく撮ろうとすると、空の色雲の形が飛んでしまう

こういう時、あいぽんカメラの限界を感じてしまうな
まあ、私のって古いモデルだから仕方ないか


スマホで写真撮るなら、やっぱりそにーのえくすぺりあ、なんだろーか!?



=関連記事=

昨年の庭のミニヒマワリの様子はこちらの記事を、どうぞご覧ください

・「ミニヒマワリ咲いた」2016.07.01



Sponsored Links



トルコ系スーパーマーケット [ヨーロッパ2017]


以前は家の最寄り駅のすぐそばに八百屋さんがあって、野菜はいつもそこで買っていた

八百屋さんと言っても、日本のそれよりずっと広くて天井が高くて、ちょっとした市場のよう

それにシステムが日本と違って、自分で好きな分量だけビニール袋に入れて、自分で重さを量ってシールを貼って買い物かごに入れ、レジに持っていく

いろいろな野菜や果物が山積みにされているのが楽しくて、自分の欲しいものが欲しい量だけ買えるのが嬉しくて、まだ小さかった娘とよく行った

娘もこのお店が大好きで、あれもこれもと指をさして欲しがったり、自分で袋に入れる! 自分で量る!と聞かなかったり

野菜や果物の名前をずいぶんこのお店で覚えた


でも残念なことに数年前のある日、久しぶりにこの街に帰って来たら、その八百屋さんはなくなっていた

無理もない
この国でもスーパーマーケットが「買い物をする場所」の主流になったのは、日本と同じなのだから

野菜や果物だけ買える場所よりも、スーパーでいろいろな物がいっぺんに買えた方が効率的で便利だものね…

でも、何だか寂しい

その八百屋さんがあった前を通ると、未だに思い出して懐かしくなって、胸がきゅんとする



トルコ系スーパーの店先(野菜コーナー)
(トルコ系スーパーの店先① 野菜コーナー)


それでも、今でもちょっと雰囲気が似ているお店もあるんだ

それが、トルコ系のスーパーマーケット

お店の外に野菜や果物が出されて所狭しと並んでいる

ひとついくら、という値が付いている物もあるけれど、多くは1㎏いくらで売っている

それをビニール袋に入れてレジに持っていくと、レジ台で量って値段が分かって、自動的にレシートに算入される仕組みになっていて、自分が必要な分量だけ買うことができる



トルコ系スーパーの店先(果物コーナー)
(トルコ系スーパーの店先② 果物コーナー)


こういう個人経営の小規模スーパーは本当に少なくなって来ていて、あるのは中国系やタイ系、ヴェトナム系などのアジアショップ、ここのようなトルコ系のスーパーくらいかな


あ、日本食料品店の「MIKADO」を忘れてはいけない!笑

このお店も、ずいぶん前だけどご主人が亡くなられて、引越しを2回して(現在の住所 : Baaderstr. 12 80469 München )、ずいぶんと規模が縮小されて来ているけれど、行く度に在住の日本人に混じってドイツ人のお客さんを見かける

少し前から、空前の日本食ブームだからね!



トルコ系のお店は割といたる所にあって、この国にはトルコの人が多く住んでいるんだなって分かるけれど、実は迫害にあっているという事実もある

一部の過激な民衆(主にネオナチの若者たち)によって、お店を叩き壊されたり焼かれたりする事件が時々起きることをニュースで知る

海外に住むと、どこの国にも闇の部分を抱えていることを知ることになる


みんなお互いの文化を尊重し合って仲良くして欲しいのになあ

自分の主義主張を通すのに、暴力(言葉、破壊行為)を手段にするのは悲しい・・・



Sponsored Links



nice!(53)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域