So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

白いミヤコワスレ


最後に雨が降ってから1週間が経つ
今日はちょっと曇り時々晴れだけど、明るい花曇りでそれもまた悪くない

ただ雨が降らないので水やりが大変、なのが玉にキズかな

季節は早くも、「春」を通り越して「初夏」になりつつある
季節が移るのはあっという間だから、急いで「春の庭」を満喫せねば


「春の庭」と言えば、我が家の庭では毎年必ずこの花が咲く


ミヤコワスレ2019 1
(ミヤコワスレ①)


白のミヤコワスレ
何の世話もしていないのに、毎年春になるとちゃんと咲き出すありがたい花

以前は、この白と薄紫色と2色あったのだけど、いつの間にか白だけが残った

それはハナニラもまったく一緒で、いつの間にか白しか咲かなくなっている
土壌の酸性度とか、そういった自然環境が影響しているのかな
紫色系の花の性質に、うちの庭の土が合わなかったのかな


ミヤコワスレ2019 2
(ミヤコワスレ②)



ミヤコワスレは、3月末から6月初め頃まで長い期間咲き続ける
でも最盛期は多分、今頃

今度、薄紫色のミヤコワスレも、久しぶりにまた植えてみよう




=関連記事=
ミヤコワスレについては、こちらの記事もどうぞご覧ください
4月の始まりは花曇り



Sponsored Links



nice!(33) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

黄色いガザニア [庭の花・木・植物]


春たけなわ
暖かいを通り越して、昨日も今日も暑いくらい

庭の植物たちも、一斉に新芽が伸びたり花つぼみがついたり、変化が激しくて目を配るのが忙しい


2号花壇のガザニアも、その内のひとつ

オレンジ色と黄色の2株を、2代目として植えたのは昨年(2018年)の5月
チューリップが終わり、球根を掘り出した跡地に植えた

3号花壇にあった初代ガザニアは、黄色と焦げ茶の目を引く模様でとても気に入っていたのだけど、3年前に水はけの悪さによる多湿が原因で、残念ながら消滅してしまった


2代目のふた株の内、生き残ったのがこの黄色い方
無事冬越しもでき、チューリップの球根を植えた後も元気に順調に育って、大きな株になった

そして、4月
今年初めてのつぼみが!


黄色いガザニアのつぼみ
(黄色いガザニアのつぼみ / 4月初旬)



赤と黄色のチューリップとの共演の夢は、叶わなかったけれど、でもつぼみがだんだん膨らんで来るのを見るのは嬉しい

それから10日後
黄色く色づいた花つぼみが、ついに開いた!


開き始めたガザニアの花
(開き始めたガザニアの花 / 4月中旬)



葉っぱもつやつやと健康的で美しい

葉っぱをかき分けてよく見ると、まだ小さいつぼみがたくさん隠れている
チューリップの球根を掘り出した後も、しばらくは十分楽しめそうだね!


そして今日の様子が、こちら


黄色いガザニアの花
(全開!黄色いガザニアの花)



濃い黄色で、強くなってきた陽射しを受けてキラキラと輝いている
なんだかこっちまで気持ちが明るくなって、全身にパワーをもらえそう

黄色いガザニア、2回目の春
今年もよろしく!



Sponsored Links



nice!(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初めて咲いた君子蘭 [庭の花・木・植物]


4年前、ご近所の方に蘭のような長い葉っぱの植物を、ふた鉢いただいた
名前は不明
でもせっかくいただいたのだから、気にかけて可愛がって育てていた

名前が分からないまま1年が過ぎようとした頃、たまたま行ったホームセンターの園芸コーナーで、これとまったく同じ葉っぱの植物を見つけた

花は、オレンジ色の小ぶりな花で房のようにまとまって咲いていた
とても立派な咲き姿!


ネームプレートには「君子蘭クンシラン)」と書いてあった

初めて知った花の名前
うちの鉢もこんな花が咲くのだろうか?
俄然興味が湧いて、花が咲くのが楽しみになった

昨年の秋に植え替えをして、ふた鉢が5鉢になった

これは、今年の1月
ドイツに行く前の様子


君子蘭(クンシラン)の冬越し
(君子蘭(クンシラン)/ 1月初旬)



葉っぱが黄色くなっているのは、いつも外に出しっぱなしなので、直射日光と強風にさらされて葉焼けを起こしたため(多分)

つやつやした葉が、観葉植物としても魅力があるっていうのにね

うちに来ると、放任主義だから植物みんな苛酷な目に遭うんだ!


クンシランは名前に「ラン」と付いているけれど、ランの仲間ではなく、ヒガンバナの仲間のヒガンバナ科の植物だと知った

そして、葉が6枚から8枚以上にならないと花が咲かない
最初の花が咲くまで何年もかかる、らしいと

「仕方がない、気長に待とう」 と思っていた


ところが


君子蘭(クンシラン)の花芽
(君子蘭(クンシラン)の花芽 / 3月中旬)



ドイツから帰ってきて、しばらくしたある日

あれ?
ひと鉢だけ何かおかしい
真ん中に白いものが?

んん?
ななんと、これは、花芽ではないの!?

葉焼けして枯れて、なかなか葉っぱが6枚にならなかったクンシランに、ついに花芽が!

もう本当にびっくりしたよお


そして4月に入り、花茎も徐々に伸びて、、、
開花!

オレンジ色と言うか、赤に近いインパクトある色


君子蘭(クンシラン)が咲いた
(君子蘭(クンシラン)が咲いた!)



まだ房のようになるほど花数は多くなくて立派ではないし

葉っぱは枯れ枯れで黄色くなっちゃってるし

でもね、とてもかわいいよ
咲いてくれて嬉しいよ


君子蘭(クンシラン)の花
(初めて咲いた君子蘭(クンシラン)の花)



これからは、葉っぱも美しく伸びるよう気をつけて面倒を見てあげよう
そして、来年は他の4つの鉢の内ひとつでも花が咲きますように!

5つの鉢すべてに花が咲くのは、いつかな

やっぱりそれは、「仕方がない、気長に待とう」 だね



Sponsored Links



nice!(43) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -

message from saia

ご訪問いただき最後までお読みいただきありがとうございました。
関東地方(都会ではない)に在住です。
最近ガーデニングにはまっています。
ドイツと日本を行ったり来たりしています。
過去記事へのコメントも大歓迎です。
お時間がありましたらまた遊びに来て下さいね。
saia